「国立広島原爆死没者追悼平和祈念館」の版間の差分

編集の要約なし
m (210.188.146.58 (会話) による版を 124.99.213.20 による版へ巻き戻し)
'''国立広島原爆死没者追悼平和祈念館'''(こくりつひろしまげんばくしぼつしゃついとうへいわきねんかん)は、[[広島平和記念公園]]([[広島県]][[広島市]][[中区 (広島市)|中区]][[中島町界隈|中島町]]1-66)にある、国立の[[被爆者]]を追悼する施設である。[[建築家]][[丹下健三]]の設計。[[2002年]]8月に設置された。この施設が[[広島平和記念公園]]で初めての国立の施設になる。
 
==概要==
[[Imageファイル:Hiroshima National Peace Memorial Hall for the Atomic Bomb Victims 2008 01.JPG|250px|thumb|right|2008年5月撮影]]
[[2002年]]8月1日に国立の施設としては初めて[[広島平和記念公園]]内に設置された。[[原爆死没者慰霊碑]]や[[広島平和記念資料館]]、[[レストハウス (広島市)|レストハウス]]に隣接している。建物は、[[建築家]][[丹下健三]]の設計。地下2階構造で、地下1階は'''情報展示コーナー'''及び'''体験記閲覧室'''が、地下2階には''''平和祈念・死没者追悼空間'''及び'''遺影コーナー'''が設けられている。
この施設の目的は「被爆体験記や追悼記の募集」、「お名前・遺影の募集」等を行っている。これまでに???人の被爆者の遺影が登録された。原爆死没者の遺影のほか、被爆者による体験記や証言映像、郷土や原爆、平和に関連する書籍を収蔵し、利用者に公開している。
 
[[原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律]]の第41条の規定に基づき設置され、[[1945年]][[8月6日]]に[[広島市への原子爆弾投下]]により死亡した人々や、その後になくなった被爆者を追悼し、世界平和を願う目的で建てられた。
==関連項目==
 
*[[広島市への原子爆弾投下]]
具体的な活動は、'''お名前・遺影の募集'''を行っており、開館時には4804人の被爆者の遺影が登録。2004年8月に登録者が1万人を超えた。また、'''被爆体験記や追悼記の募集'''や'''在外被爆者の証言ビデオ'''の作成なども行っており、2008年度までに205人分のビデオが、館内で公開されているほか、[[広島平和記念資料館]]を通じて貸し出したりしている。
*[[国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館]]
 
入館者数は、[[2004年]][[8月28日]]に50万人、[[2007年]][[3月13日]]には100万人を突破した。
 
この施設の目的は「被爆体験記や追悼記の募集」、「お名前・遺影の募集」等を行っている。これまでに???人の被爆者の遺影が登録された。原爆死没者の遺影のほか、被爆者による体験記や証言映像、郷土や原爆、平和に関連する書籍を収蔵し、利用者に公開している。
 
*2003年には、[[長崎市]]にも同様の施設([[国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館]])が建てられた。
 
==外部リンク==
*[http://www.hiro-tsuitokinenkan.go.jp/index.php 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館]
*[http://www.global-peace.go.jp/ 国立広島・長崎原爆死没者追悼平和祈念館 平和情報ネットワークホームページ]
 
{{DEFAULTSORT:こくりつひろしまけんはくしほつしゃついとうへいわきねんかん}}