「京 (数)」の版間の差分

下数、中数、上数、万進、万万進をリンク
m (→‎関連項目: リンク先移動/数量の比較 (無次元数) → 数の比較)
(下数、中数、上数、万進、万万進をリンク)
'''京'''(けい)は[[漢字文化圏]]における[[数]]の[[単位]]の一つ。京がいくつを示すかは時代や地域により異なる。現在、[[日本]]・[[台湾]]・[[韓国]]では10<sup>16</sup>を示し、[[中華人民共和国]]では用いられていない。
 
当初は、10倍ごとに位取りの名称を定める「[[下数]]」が行われていたので、[[一]]・[[十]]・[[百]]・[[千]]・[[万]]・[[億]]・[[兆]]・京で「京」は10<sup>7</sup>となる。後に行われた「[[上数]]」では、京は兆(10<sup>16</sup>)の兆倍で10<sup>32</sup>を指した。「[[中数]]」の[[万万進]]では兆(10<sup>16</sup>)の億倍で10<sup>24</sup>、[[万進]]では兆(10<sup>12</sup>)の万倍で10<sup>16</sup>となる。
 
日本では江戸時代に万進に統一されたので10<sup>16</sup>となり、かつて日本統治下にあった台湾・韓国<!-- 北朝鮮も? -->でも10<sup>16</sup>となった。ただし、いずれの国でも京まで使われることは稀であり、台湾・韓国では京以上の命数はあまり知られていない。