「作庭記」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''作庭記(さくていき)'''とは[[平安時代]]に書かれた[[日本]]最古の庭園書である。この本は[[寝殿造]]の[[庭園]]に関すること書かれており、その内容は意匠と施工法であるが[[図]]は全く無く、すべて文章である。[[作者]]については諸説あるが、現在定説としては[[橘俊綱]]であるといわれする説が定説となっている。
 
== 外部リンク ==
*[http://www.arch.eng.osaka-cu.ac.jp/~design/nakatani/kozin/niwa/sakuteiki/sakuteiki.html 『作庭記』(さくていき)]
 
[[Category:日本庭|さくていえん]]
[[Category:日本の文化|にほんていえん]]
[[Category:日本庭園|*]]
2,075

回編集