「上下」の版間の差分

m
調整
m (調整)
;例外
:手書きの寄せ書きや血判状などは、とくに文字の上下を一致させない場合もある。
:「○×さんへ」などと書かれた真ん中の文字の上方向が寄せ書き用紙(色紙など)の上方向と一応は見なされるが、書き手の各員が好きな方向から書き込むものであるので、決まった向きがなくなるのである。
:ダイヤル式切り替えスイッチ等のダイヤルに文字を表示する場合
決まった向きがなくなるのである。
:ダイヤル式切り替えスイッチ等のダイヤルに文字を表示する場合:
:ダイヤルスイッチの上に固定側にマーカー(目印)がある場合、ダイヤルの表示文字は上方向がダイヤルの中心から外側に向かう方向になるように配置される。ダイヤルを回してマーカー位置に設定したい選択肢の表示を持ってくると、その選択肢の表示文字の上方向がダイヤルスイッチの取付面の上方向に一致する。
 
597

回編集