「1954年ウィンブルドン選手権」の版間の差分

参考文献の原書名
(外部リンク)
(参考文献の原書名)
* 女子ダブルス:{{flagicon|United States}} [[ルイーズ・ブラフ]]&{{flagicon|United States}} [[マーガレット・オズボーン・デュポン]] vs. {{flagicon|United States}} [[ドリス・ハート]]&{{flagicon|United States}} [[シャーリー・フライ]] 4-6, 9-7, 6-3
* 混合ダブルス:{{flagicon|United States}} [[ビック・セイシャス]]&{{flagicon|United States}} [[ドリス・ハート]] vs. {{flagicon|Australia}} [[ケン・ローズウォール]]&{{flagicon|United States}} [[マーガレット・オズボーン・デュポン]] 5-7, 6-4, 6-3
 
== 参考文献 ==
* モーリス・ブレディ編『ローンテニス百科事典』 ''The Encyclopedia of Lawn Tennis'' (英語、1958年刊、ロバート・ヘール社)132ページ [シード選手]
* バド・コリンズ著『テニスのすべて-究極のテニス百科事典』(英語、2003年刊、ISBN 0973144343、スポーツ・クラシック・ブックス) [大会経過、選手フルネーム]
* ランス・ティンゲイ著『ウィンブルドンの100年史』(英語、1977年刊、ISBN 0900424710、アルファ・オメガ社) [大会経過、選手国籍]
 
== 外部リンク ==
* 抽選表・シード選手:[http://grandslamtennis.freeukisp.co.uk/WIMBLEDON%201954.htm 男子]・[http://www.tennisforum.com/showthread.php?t=15608&page=5 女子] (男子はGRANDGrand SLAMSlam TENNISTennis ARCHIVEArchive、女子はWTAワールド・TennisForum.com提供スレッドによる)
 
== 参考文献 ==
* Maurice Brady, “''Lawn Tennis Encyclopedia''” (ローンテニス百科事典) David & Charles, Newton Abbot, Devon, England (1969 Ed.) 200ページ [シード選手]
* [[ランス・ティンゲイ著『|Lance Tingay]], “''100 Years of Wimbledon''” (ウィンブルドンの100年史』(英語、) Guinness Superlatives Ltd., London (1977年刊、) ISBN 0900424710、アルファ・オメガ社)0-900424-71-0 [大会経過、選手国籍]
* [[バド・コリンズ|Bud Collins]], “''Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia''” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 [大会経過、選手フルネーム]
 
{{ウィンブルドン選手権}}
24,187

回編集