「LLP」の版間の差分

 
== LLP概論 ==
アメリカ合衆国においては、各州ごとにその設立に関する法令が定められている。[[ジェネラル・パートナーシップ]](GPS)、[[リミテッド・パートナーシップ]](LPS)などとともに[[パートナーシップ]]の一類型と整理できる。パートナーの責任の限定のあり方については州によって異なるが、概ね、他のパートナーの不法行為責任については責任を負わないものとされている。そのため、[[弁護士]]、[[会計士]]、[[建築士]]などによって主に利用されている。[[リミテッド・パートナーシップ]]との組合せである、リミテッド・ライアビリティ・リミテッド・パートナーシップの立法例もある。
 
イギリスでは[[2000年]]に、2000年LLP法(Limited Liability Partnership Act 2000)が[[英国法|イングランド及びウェールズ]]並びに[[スコットランド]]のために制定され、続いて、2002年LLP法(北アイルランド)(the Limited Liability Partnerships Act (Northern Ireland) 2002)が制定された。全てのパートナーは連帯して責任を負う一方で、他のパートナーの行為については個人的な責任は負担しない。イギリスにおけるLLPは、他のパートナーシップとは異なり、法人格(legal personality)を有するものとされる。
23,087

回編集