「鳥海山大物忌神社」の版間の差分

→‎祭事: +文化財
(画像差替、本文中にリンクのある関連項目を削除など)
(→‎祭事: +文化財)
 
独立峰鳥海山は、古代には国家の守護神として、また古代末期から中世および近世を通じては出羽国における中心的な信仰の山として現在の山形県[[庄内地方]]や[[秋田県]][[由利郡]]および[[横手盆地]]の諸地域など周辺一帯の崇敬を集め、特に近世以降は農耕神として信仰された。[[平成]]20年([[2008年]])3月28日、鳥海山の[[山岳信仰]]の中心を担ってきた大物忌神社は、古代から中世、近世の宗教や信仰の実態を知るうえで貴重であるとして、神社[[境内]]が国の史跡に指定された。
 
== 社殿 ==
 
== 祭事 ==
*11月9日  [[新嘗祭]] (吹浦口之宮)
*11月12日  [[新嘗祭]] (蕨岡口之宮)
 
== 文化財 ==
* 鳥海山大物忌神社文書:[[重要文化財]]
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮神楽殿:[[登録有形文化財]]
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮随神門:登録有形文化財
* 鳥海山大物忌神社蕨岡口ノ宮本殿:登録有形文化財
* 鳥海山大物忌神社境内:[[史跡]]
** 鳥海山大物忌神社境内地
** 吹浦口ノ宮
** 蕨岡口ノ宮
<!--まだ答申段階のためコメントアウト ** [[森子大物忌神社]]境内
** [[木境大物忌神社]]境内と道者道
** [[金峰神社 (にかほ市)|]]境内
** [[霊峰神社跡]] -->
 
== 脚注 ==
16,074

回編集