「レジナルド・ドハティー」の版間の差分

リンク追加。これでは加筆になってない
m (ロボットによる 追加: hu:Reginald Doherty)
(リンク追加。これでは加筆になってない)
{{MedalTableTop MedalTop}}
{{MedalCountry | {{GBR}} }}
{{MedalSport|[[テニス]]}}
{{MedalCompetition|[[オリンピック]]}}
{{MedalGold|[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900 パリ]]|男子ダブルス}}
{{MedalGold|[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900 パリ]]|混合ダブルス}}
{{MedalBottom}}
[[Image:Doherty Brothers.jpg|right|220px|thumb|ドハティー兄弟]]
'''レジナルド・ドハティー'''('''Reginald Doherty''', フルネーム:レジナルド・フランク・ドハティー ''Reginald Frank Doherty'', [[1872年]][[10月14日]] - [[1910年]][[12月29日]])は、[[イングランド]]・[[ウィンブルドン]]出身の男子[[テニス]]選手。フルネームは ''Reginald Frank Doherty'' (レジナルド・フランク・ドハティー)という。3歳年下の弟[[ローレンス・ドハティー]]とともに「ドハティー兄弟」(Doherty Brothers)として活躍した。レジナルドは“Reggie”(レジー)という愛称で呼ばれ、大柄な兄であったことから“Big Do”(ビッグ・ドー)とも呼ばれた。
 
レジナルドは[[1896年]]、24歳の時から[[ウィンブルドン選手権]]に出場し始め。[[1896年ウィンブルドン選手権|1896年]]度のダブルスで準優勝した時は、パートナーは弟のローレンスではなく、ハロルド・ニスベット(Harold Nisbet)であった。レジナルドとニスベットの組は、男子ダブルス決勝で[[ウィルフレッド・バデリー]]と[[ハーバート・バデリー]]の「バデリー兄弟」(Baddeley brothers)組に敗れた。翌[[1897年ウィンブルドン選手権|1897年]]から[[1900年ウィンブルドン選手権|1900年]]まで、レジナルド・ドハティーはウィンブルドン選手権の男子シングルスに大会「4連覇」を達成する。ダブルスでも弟のレジナルドとローレンスは兄弟ペアを組み、「バデリー兄弟」に代わって「ドハティー兄弟」の時代が始まった。ドハティー兄その後、弟のダブルローレンは、[[18971902]]から[[1906年]]まで「10年連続」ウィンブルドン選手権の男子ダブルス決勝に進み、[[|1902年]]から[[1906年]]の2度敗れたのみで、通算「8勝」を記録した。後に弟のローレウィスが[[1902年]]から[[ブルドン選手権|1906年]]までウィンブルドン選手権の男子シングルス「5連覇」を達成した。こうして、ドハティー兄弟は「兄弟2人でウィンブルドンのシングルス9勝」を樹立した兄弟テニス選手として、テニス競技の初期に名前を刻んだ
 
ドハティー兄弟のダブルスは、[[1897年ウィンブルドン選手権|1897年]]から[[1906年ウィンブルドン選手権|1906年]]まで「10年連続」ウィンブルドン選手権の男子ダブルス決勝に進み、[[1902年ウィンブルドン選手権|1902年]]と[[1906年ウィンブルドン選手権|1906年]]の2度敗れたのみで、通算「8勝」を記録した。[[1902年ウィンブルドン選手権|1902年]]から[[1906年ウィンブルドン選手権|1906年]]まで、ドハティー兄弟は[[シドニー・スミス (テニス選手)|シドニー・スミス]]&[[フランク・ライスリー]]組と5年連続で男子ダブルスの決勝対決をしている。1906年の男子ダブルス決勝でスミス&ライスリー組に敗れた試合を最後に、ドハティー兄弟はウィンブルドン選手権を引退した。
ドハティー兄弟はウィンブルドン選手権のみならず、海外遠征にも積極的であった。[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900年パリ五輪]]では、兄弟で男子ダブルスの金メダルを獲得し、レジナルドは[[シャーロット・クーパー]]と組んだ混合ダブルスの金メダルも獲得した。[[全米オープン (テニス)|全米選手権]]にも遠征し、ダブルスでは[[1902年]]と[[1903年]]に2連覇を達成したが、レジナルドはシングルスで[[1902年]]の準優勝1度に終わった。レジナルドは[[ロンドンオリンピック (1908年) におけるテニス競技|1908年ロンドン五輪]]にも出場し、地元勢としてダブルスの金メダルを獲得した。2度目のダブルス金メダルの時は、パートナーはローレンスではなく、[[ジョージ・ヒルヤード]]([[ブランチ・ビングリー]]の夫)と組んでいる。
 
ドハティー兄弟はウィンブルドン選手権のみならず、海外遠征にも積極的であった。[[パリオリンピック (1900年) におけるテニス競技|1900年パリ五輪]]では、兄弟で男子ダブルスの金メダルを獲得し、レジナルドは[[シャーロット・クーパー]]と組んだ混合ダブルスの金メダルも獲得した。[[全米オープン (テニス)|全米選手権]]にも遠征し、ダブルスでは[[1902年全米テニス選手権|1902年]]と[[1903年全米テニス選手権|1903年]]に2連覇を達成したが、レジナルドはシングルスで[[1902年]]の準優勝1度に終わった。レジナルドは[[ロンドンオリンピック (1908年) におけるテニス競技|1908年ロンドン五輪]]にも出場し、地元勢としてダブルスの金メダルを獲得した。2度目のダブルス金メダルの時は、パートナーはローレンスではなく、[[ジョージ・ヒルヤード]]([[ブランチ・ビングリー]]の夫)と組んでいる。
 
ドハティー兄弟は2人とも若くして早逝し、兄のレジナルドはロンドン五輪のダブルス金メダルからわずか2年後、[[1910年]][[12月29日]]に38歳の若さで死去した。[[1980年]]、兄弟は2人揃って[[国際テニス殿堂]]入りを果たしている。
* [[ウィンブルドン選手権]]
: シングルス4連覇(1897年-1900年) [1901年にオールカマーズ・ファイナルで敗れ、準優勝]
: ダブルス8勝(1897年-1901年1903年-1905年) [優勝はすべてローレンスとのペア。準優勝3度:1896年1902年1906年]
* [[全米オープン (テニス)|全米選手権]] シングルス準優勝1度(1902年)、)/ダブルス2勝(1902年&1903年)
* オリンピック 男子ダブルス金メダル:[[パリオリンピック (1900年)|1900年パリ五輪]][[ロンドンオリンピック (1908年)|1908年ロンドン五輪]] [パリ五輪は混合ダブルス金メダルも獲得]
== 関連項目 ==
* [[テニス]]
* [http://www.itftennis.com/shared/medialibrary/pdf/original/IO_3821_original.PDF アテネオリンピックテニス・メディアガイド] (英語、全146ページのPDFファイル)
== 参考文献 ==
* [[ランス・ティンゲイ著『|Lance Tingay]], “''100 Years of Wimbledon''” (ウィンブルドンの100年史』(英語、) Guinness Superlatives Ltd., London (1977年刊、) ISBN 0900424710、アルファ・オメガ社)0-900424-71-0 32-35ページまでの第4章が“''The Dohertys''”(ドハティー兄弟の時代)という題名になっている。
 
{{DEFAULTSORT:とはてい れしなると}}
[[Category:イングランドのテニス選手]]
[[Category:1872年生]]
[[Category:1910年没]]
__NOTOC__
 
[[de:Reginald Doherty]]
[[en:Reginald Doherty]]
[[ru:Дохерти, Реджинальд]]
[[sv:Reginald Doherty]]
__NOTOC__
24,187

回編集