「ツープラトン」の版間の差分

編集の要約なし
{{Otheruses|'''プロレス'''の戦術|'''野球'''の戦術|プラトーン・システム}}
'''ツープラトン'''とは、主に[[プロレス]]の[[タッグマッチ]]試合における用語2者(あるいは2者以上)が。'''合体技'''、'''同時に1人を攻撃するこ技'''、'''合わせ技'''、'''ダブル'''('''トリプル''')'''技'''などをいうも呼ぶ
 
== 概要 ==
語源は「'''two platoon'''(2個の[[小隊]])」から来ているので、[[哲学者]]の[[プラトン]]とは何の関係もない。
主に[[プロレス]]の[[タッグマッチ]]で2者(あるいは2者以上)が同時に1人を攻撃することをいう。特に複数人で協力して仕掛ける[[プロレス技]]をいう。
 
語源は「'''two platoon'''(2個の[[小隊]])」から来ているの、[[哲学者]]の[[プラトン]]とは何の関係もないある
もちろん反則であるが、5カウント以内の[[反則]]が許されているプロレスのルール上、いきなり反則負けになることはほとんどない。
 
もちろんプロレスのルール上ツープラトン行為は反則であるが、5カウント以内の[[反則]]許されていプロレスのというルールもあるため、いきなり反則負けになることはほとんどない。
かつてはカウンターのダブル[[エルボー]]、ダブル[[チョップ]]、[[ジャイアント馬場]]が[[坂口征二]]や[[ジャンボ鶴田]]とのコンビで繰り出したダブル[[十六文キック|カウンターキック]]などのパターンに限られていた(「二人で一人と戦うのがタッグの定石」とは当時から言われていたが、タッチワークや自軍コーナーに引っ張り込んでの二人がかりでの攻撃、といった分野が主であった。[[ルー・テーズ]]は味方が[[フォール]]された際のカットすら「ナンセンスだ」と語っている)。1980年代前半になって、[[長州力]]&[[アニマル浜口]]や[[スタン・ハンセン]]&[[ブルーザー・ブロディ]]のツープラトン・[[パイルドライバー]]、[[ロード・ウォリアーズ]]の各種ツープラトン攻撃などが出現し、今のツープラトン攻撃全盛時代に至った。
 
かつては走ってくる相手への[[カウンターアタック|カウンター]]のダブル[[エルボーバット]]、ダブル[[チョップ]]、[[ジャイアント馬場]]が[[坂口征二]]や[[ジャンボ鶴田]]とのコンビで繰り出したダブル[[十六文キック|カウンターキック]]などのパターンに限られていた「二人で一人と戦うのがタッグの定石」とは当時から言われていたが、タッチワークや自軍コーナーに引っ張り込んでの二人がかりでの攻撃、といった分野が主であった。[[ルー・テーズ]]は味方が[[フォール]]された際のカットすら「ナンセンスだ」と語っている)。1980年代前半になって、[[長州力]]&[[アニマル浜口]]や[[スタン・ハンセン]]&[[ブルーザー・ブロディ]]のツープラトン・[[パイルドライバー]]、[[ロード・ウォリアーズ]]の各種ツープラトン攻撃などが出現し、今のツープラトン攻撃全盛時代に至った
普通は相手を正面において技を掛けるが、相手をはさむように技を掛けた場合は「[[サンドイッチ]]ラリアット」などと称する。
 
1980年代前半になって、[[長州力]]&[[アニマル浜口]]や[[スタン・ハンセン]]&[[ブルーザー・ブロディ]]のハイジャック・[[パイルドライバー]]、[[ロード・ウォリアーズ]]の各種ツープラトン攻撃などが出現し、今のツープラトン攻撃全盛時代に至った。
 
打撃技の場合、普通は相手を自分たちの正面において技を掛けるが、相手をはさの前後に立ち、挟むように技を掛けた場合は「'''[[サンドイッチ]]ラリアット式'''などと称する。
 
== 主なツープラトン技種類 ==
代表的なツープラトン攻撃を抜粋して記載する。
''';打撃技'''
*[[ドロップキック]] - 2人同時にドロップキックを仕掛ける。
*[[十六文キック|フロント・ハイキック]] - 2人同時にフロント・ハイキックを掛ける。互いに肩を組んで仕掛ける場合が多い。
*サンドイッチ式[[ラリアット]] - 相手の前後から挟み込むように同時にラリアットを仕掛ける。「[[クロス・ボンバー]]」とも呼ばれる。
*サンドイッチ式[[延髄斬り]] - 相手の前後から挟み込むように同時に延髄斬りを仕掛ける。
 
''';投げ技'''
'''打撃技'''
*ハイジャック式パイルドライバー
*ダブル[[ドロップキック]]
:コーナー付近で、1人が[[パイルドライバー#ドリル・ア・ホール・パイルドライバー|ドリル・ア・ホール・パイルドライバー]]の状態で持ち上げ、もう1人がコーナーに登り、コーナー上から相手の両足を掴み、そのまま飛び降りる。その勢いを利用して、もう1人がパイルドラーバーを仕掛ける。
*ダブル[[ラリアット]]
*ダブル[[ブレーンバスター]]
*ダブルフロントハイキック
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてブレーンバスターを仕掛ける。
*ダブル[[延髄切り]]
*[[パワーボム]]
 
:1人がパワーボムの体勢で持ち上げた時、もう1人が正面から相手の頭部を掴み、2人の力を加えながら、背面からマットに叩き付ける。
'''投げ技'''
*ハイジャ[[バックパイルライバーロップ]]
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてバックドロップを仕掛ける。
*ダブル[[ブレーンバスター]]
*[[チョークスラム|喉輪落とし]]
*ダブル[[バックドロップ]]
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げて喉輪落としを仕掛ける。
*ダブル[[のど輪落とし]]
*スーパー[[パワーボム]]
:1人がコーナーに立ち、もう1人(あるいは2人が)相手を逆さまにしてコーナー上の1人に渡す。コーナー上の者はパワーボムの体勢で飛び降り、そのとき下の者が力を添えて協力する。
*ダブルインパクト
*3D(3D([[ダッドリー・デス・ドロップ]]
:相手をロープに振り、返ってきたところを1人が正面から相手を捕まえて上空に放り上げ、下半身の辺りを抱え込む。その相手の頭部を、もう1人が助走を付けて空中で両手で掴んで、[[エース・クラッシャー#新型(改良型)|エース・クラッシャー]]の形で倒れ込みながら、もう1人もそれに合わせて倒れ込み、相手を顔面からマットへ叩きつける。
*バックドロップのど輪落とし
*バックドロップ喉輪落とし - 1人がバックドロップで担ぎ上げた時に、もう1人が喉輪落としの要領で相手の首を掴み、バックドロップで相手を倒すと同時に、それに合わせて喉輪落としをかけるように相手を押し倒す。
*眉山
:1人が相手の背後から[[ジャーマン・スープレックス]]の体勢で抱え込む。そして、もう1人がその背後から味方をジャーマン・スープレックスの体勢で抱え込み、そのまま後方へジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。そのため、味方ごと相手も投げ捨てることになり、通常のジャーマン・スープレックスよりも高い角度で決める事ができる。反面、味方にもダメージが及ぶ欠点がある。
*俺ごと刈れ
:1人が後方から相手の腰を両腕で抱え込んで持ち上げる。そこへ正面からもう1人が味方ごと相手に[[STO]]を掛ける。それにより相手はジャーマン・スープレックスを喰らったように後方へ叩き付けられる。通常のジャーマンよりも、STOの威力がある分、大きなダメージを与えられる。しかし、味方にもダメージが及ぶ。
 
;合成技(打撃+投げ)
*[[ダブル[[ラリアッ・インパクト]]
:ツープラトン技の代表格。1人が相手を[[肩車]]で担ぎ上げたところへ、もう1人がコーナー上から相手をめがけて[[ラリアット#派生技|ダイビング・ラリアット]]を喰らわせ、同時に後方へ投げ捨てる。派生用法も多い。
 
== 関連項目 ==
*[[プロレス技]]
*[[タッグマッチ]]
*[[タッグチーム]]
 
[[Category{{DEFAULTSORT:プロレス用語|ふらとん]]}}
[[Category:プロレス用語]]
[[Category:プロレス技|*]]
{{Martialart-stub}}
803

回編集