「交響曲第3番 (ショスタコーヴィチ)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: fr:Symphonie nº 3 de Chostakovitch)
編集の要約なし
{{クラシック音楽}}
'''[[ドミートリイ・ショスタコーヴィチ]]'''が[[1929年]]に作曲した'''交響曲第3番 Op.20'''[[変ホ長調]]『'''メーデー''' 英語:First of May / ロシア語:{{lang|ru|Первомайская}})』という通称を持つ作品20は、[[変ホ長調ドミートリイ・ショスタコーヴィチ]]が[[1929年]]に作曲した[[交響曲]]である。単一楽章の作品だが、大きく4つの部分に分けることができる。最終部にはS・キルサノフ作詞による合唱がある。内容、演奏形態から見れば、第2[[交響曲第2番 (ショスタコーヴィチ)]]の姉妹版であるが、委嘱作品であった前作と違い、ショスタコーヴィチ自身の意思で作曲を立ち上げ始めたこと、作曲者自身が[[メーデー]]の祝祭的雰囲気を表現するため労働歌など親しみ易い旋律を引用する一方で前作に顕著であった前衛さは影を潜め、労働歌など親しみ易い旋律を引用するなど、相違が見られる。
 
ショスタコーヴィチはこの作品について、
作曲者自身の言葉「''':私は全世界のプロレタリアートが連帯するこの祝日の雰囲気を伝え、ソヴィエト連邦の平和なる建設を表現せんとした。闘争や熱意、それと『継続の精神』などが、一つの赤い糸となってこの作品に表わされている。」'''
と述べている。
 
== 初演 ==
[[1930年]]の[[1月21日]]に[[サンクトペテルブルク|レニングラード]]の[[ゴーリキー文化宮殿]]にて、指揮[[アレクサンドル・ガウク]]、[[サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団|レニングラード・フィルハーモニー交響楽団]]によって演奏された。
 
作曲者自身の言葉「'''私は全世界のプロレタリアートが連帯するこの祝日の雰囲気を伝え、ソヴィエト連邦の平和なる建設を表現せんとした。闘争や熱意、それと『継続の精神』などが、一つの赤い糸となってこの作品に表わされている。」'''
== 楽器編成 ==
*[[ピッコロ]]
== 構成 ==
この曲は単一楽章であるが、4つの部分に大きく分けることが出来ると言える。
*1.# Allegretto-Allegro
*2.# Andante
*3.# Allegro-Largo
*4.# Moderato "最初のメーデーの日に"
 
いずれも4/分の4拍子。
 
== 初演 ==
[[1930年]]の[[1月21日]]に[[サンクトペテルブルク|レニングラード]]の[[ゴーリキー文化宮殿]]にて、指揮[[アレクサンドル・ガウク]]、[[サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団|レニングラード・フィルハーモニー交響楽団]]によって演奏された。
 
== 評価 ==
[[Category:ショスタコーヴィチの交響曲|*03]]
[[Category:声楽を伴う交響曲|しよすたこういち03]]
[[Category:ロシア革命を題材とした作品|こうきようきよく03しよすたこういち]]
{{classic-stub}}
 
匿名利用者