「P・G・ウッドハウス」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: nl:P. G. Wodehouse)
{{Infobox 作家
[[Image:PGWodehouse.jpg|right|thumb|150px|P・G・ウッドハウス (1904年)]]
| name = ペルハム・グレンヴィル・ウッドハウス<br />Pelham Grenville Wodehouse
{{文学}}
| image = PGWodehouse.jpg
| image_size = 150px
| caption = (1904年)
| pseudonym =
| birth_date = {{生年月日と年齢|1881|10|15|no}}
| birth_place = {{GBR}}[[ギルドフォード]]
| death_date = {{死亡年月日と没年齢|1881|10|15|1975|2|14}}
| death_place = {{USA}}[[ニューヨーク]]
| occupation = [[小説家]]
| nationality =
| period =
| genre = ユーモア小説
| subject =
| movement =
| notable_works = ジーヴスシリーズ
| awards =
| debut_works = 「賞金ハンター」
| spouse =
| website =
}}
'''ペルハム・グレンヴィル・ウッドハウス'''('''Pelham Grenville Wodehouse''', [[1881年]][[10月15日]] - [[1975年]][[2月14日]])は[[イギリス]]の[[作家]]。[[ユーモア]]小説の大家として知られる。
 
1881年[[ロンドン]]近郊[[サリー (イングランド)|サリー]]の[[ギルドフォード]]に生まれる。父は当時イギリス領であった香港の役人で幼少のころは香港で育った。その後はイギリスにいた何人かの伯父・伯母の家で暮らした。このころは行動をたいへん規制されていたらしく、後年の作品では伯母一般を「怖ろしい存在」として描いている。
 
[[ダリッジ・カレッジ]]で学び、オックスフォード大学への進学を希望するものの経済的理由で断念し、1901年に[[香港上海銀行]]ロンドン支店に就職。1902年9月には小説「賞金ハンター」を発表。1903年に銀行を退職し、本格的に小説家活動を始める。その後も数々のユーモア小説を発表。徐々に作家としての地位を築いていった。1909年には拠点をアメリカに移す。ウッドハウスはその後生涯のほとんどをアメリカニューヨークで過ごしている。
 
第二次世界大戦中、旅行先のフランスで[[ナチス・ドイツ]]軍に拉致され、ナチスが米英へ向けて放送していたラジオ声明に出演させられた事もある。ここで捕虜生活の不平を面白おかしく語ったり、知り合ったドイツ軍将校について好意的な意見を述べたりした。この放送はイギリス国内から激しい非難を受けたが、のちに[[ジョージ・オーウェル]]ら友人の作家たちの擁護もあり、名誉は回復されている。
== 関連項目 ==
* [[プリーズ、ジーヴス]]([[勝田文]]によるジーヴスシリーズのコミカライズ。森村たまき訳版をベースとしている。)
 
== 参考文献 ==
*ジョージ・オーウェル「P・G・ウドハウス弁護」(『オーウェル評論集』[[岩波文庫]]所収) - ナチスに拉致されたのちのウッドハウスを擁護した文章。
 
==外部リンク==
*[http://museion2003.web.fc2.com/m2/wodehouse.html 文芸誌ムセイオン P・G・ウッドハウスを読む]
*[http://www.bunshun.co.jp/pickup/woodhouse/woodhouse01.htm 天国のような喜劇の世界]([[岩永正勝]]、[[小山太一]]の対談)
 
{{writer-stub}}