「ヒッポリュテー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
[[Image:Herakles Amazons Louvre F218.jpg|thumb|300px|アマゾーンと戦うヘーラクレース、紀元前530 - 520年ごろの[[アッティカ]]の黒絵式壺絵([[ルーヴル美術館]])]]
'''ヒッポリュテー'''(ヒッポリュテ、Hippolyte(Hippolyte, [[ギリシア語]]:{{lang|el|ΙππολύτηἹππολύτη}})は、[[ギリシア神話]]に登場する[[アマゾーン]]の女王である。[[長母音]]を省略して'''ヒッポリュテ'''とも表記される。ヒッポリュテーが持つ[[アレース]]の帯が、[[ヘーラクレース]]の「12の功業」のうち9番目の課題の対象となった。
 
[[ヒュギーヌス]]では、ヒッポリュテーはアレースとアマゾーンの女王[[オトレーレー]]の娘とされる<ref>『ギリシャ神話集』第30話「エウリュステウスに命じられたヘーラクレースの十二の功業」</ref>。
*B.エヴスリン『ギリシア神話小事典』(小林稔訳、[[教養文庫]]) (ISBN 4-390-11000-4)
 
{{DEFAULTSORT:ひつりゆてえ}}
[[Category:ギリシア神話の人物]]