「中村彝」の版間の差分

編集の要約なし
*明治42年(1909)第3回[[文展]]に初入選。
*明治43年(1910)には第4回文展で『海辺の村』が3等賞となり、この作品は実業家今村繁三が購入する。
*明治44年(1911)、新宿・中村屋の主人・相馬愛蔵夫妻の厚意で、中村屋の裏にある画室に住むことになる。相馬夫妻は、彫刻家・[[荻原碌山]](おぎわらもりえろくざん)や[[中原悌二郎]]をはじめ多くの芸術家を支援していた。
*大正2~3年(1913-1914)にかけての彝の作品には相馬家の長女・俊子をモデルにした裸婦像が数点あり、2人の親密な関係が伺われる。彝は、俊子に求婚するが反対され、この失恋が元で煩悶することになる。
*[[大正9年]](1920)には前述の今村繁三邸でルノワールの作品を実見し、また院展の特別展示で[[オーギュスト・ルノワール|ルノワール]]や[[オーギュスト・ロダン|ロダン]]の作品を見て強い感銘を受けた。彝の代表作とされる『エロシェンコ像』はこの年に制作されたもので、ルノワールの影響が感じられる。[[ワシーリー・エロシェンコ]]([[1890年]]-[[1952年]])はアジア各地を放浪していたロシア人の盲目の詩人で、先述の新宿・中村屋の世話になっていた。
匿名利用者