「ダクテッドファン」の版間の差分

== 利用例 ==
[[画像:USN hovercraft.jpg|thumb|250px|アメリカ海軍の[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇]](ホバークラフト)。後部に2基のダクテッドファンが設置されている。]]
[[画像:Heli.fenestron.750pix.jpg|thumb|250px|ヘリコプターでのダクテッドファン実機例-ユーロコプタEC120B]]
[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[X-22 (航空機)|ベル X-22]]のような[[垂直離着陸機|VTOL機]]向けに研究されてきたものの実験の域を出ることはあまりなく、有名な実用例としては[[ホバークラフト]]用の推進器がある。ただしラジコン飛行機用の小型推進器としては比較的ポピュラーな存在である。その場合、電動モーター駆動のファンの後に燃料噴射装置とバーナーを備えた燃焼室を設け、ジェット排気による推力を付与することが多い<ref>これは[[モータージェット]]と同様の仕組である。</ref>。{{Fact}}
*[[ホバークラフト]]の推進装置としては主要な位置を占めている。
*ヘリコプターの[[ヘリコプター#.E3.83.86.E3.83.BC.E3.83.AB.E3.83.AD.E3.83.BC.E3.82.BF.E3.83.BC|テールローター]]としての使用が見られる。ブレード先端が覆われていることで通常のテールローターより安全性が増し、またローターの発する可聴周波数を打ち消し合うよう設計できることでテールローターからの騒音発生の低減が見込める。
*ジェットエンジンに似せた外見のラジコン飛行機を制作したい場合には比較的ポピュラーに採られる手法である。模型用ジェットエンジンの場合よりも遥かにコストを低減でき、安全性と操作性が高く、騒音が低い。電動モーター駆動のファンの後に燃料噴射装置とバーナーを備えた燃焼室を設け、ジェット排気による推力を付与する手法が採られる場合もある<ref>これは[[モータージェット]]と同様の仕組である。</ref>。{{Fact}}
*[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[X-22 (航空機)|ベル X-22]]のような[[垂直離着陸機|VTOL機]]の推進装置と主翼としての役割を担うものとして研究されてきた例もあったが、現段階では実験機の域に留まっている。
 
 
203

回編集