「レベック」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: it:Ribeca, sl:Rebek)
[[Image:Rabel.jpg|thumb|レベック]]
'''レベック'''(Rebec、またはRebek, RubebaRebeck)は、今日の[[ヴァイオリン]]のもとになった属の楽器の1つで、一般的にはアラブ人の楽器[[ラバーブ]]がもとになっていると考えられており、おそらく[[中世]]中期に[[スペイン]]経由でヨーロッパに広まったとされている。'''ラベイカ'''とも。16~17世紀のレベックはフレットがなく2~3弦で5度調弦である。高い技術を要する楽器ではなかったため、特にダンスの際によく使用された。
 
{{DEFAULTSORT:れへつく}}
502

回編集