メインメニューを開く

差分

 
== ヨーロッパ人との接触 ==
[[画像:DeSoto Map HRoe 2008.jpg|thumb|300px|right]]
学者達は、[[エルナンド・デ・ソト]]が[[1534年]]から[[1539年]]に行ったアメリカ南東部の探検記録から、彼がミシシッピ文化人と接触した証拠を探した。デ・ソトは幾つかの集落を訪れており、ある場合には客として1ヶ月以上そこに滞在した([[アパラチー]]族を参照)。出会った人々の中には暴力を振う者もいれば、比較的平和的な者もいた。先住民の間に長く続いた不和の中で、武装したデ・ソトたちは戦力として、あるいは同盟者として使われたと思われる。例えば、パカハ族とカスキ族の間の休戦を交渉した。しかし、この探検の後期にデ・ソト一行と遭遇した部族は一行の約半分を殺し、部族の成員の多くもスペイン人に殺された。デ・ソトの年代記はミシシッピ人について書かれた最初の文書であり、これらの人々の文化的慣習について貴重な情報源となっている。
 
匿名利用者