「Cubase」の版間の差分

 
== 概要 ==
ドイツのスタインバーグ(現在は[[ヤマハ]]の子会社)が開発した、WindowsおよびMac OS Xの両プラットホームに対応するオーディオ/MIDI統合型音楽制作アプリケーション。元々は[[Atari]] ST用に開発されたMIDIシーケンスソフトであったが、オーディオ処理補助。そために[[デジタルシグナルプロセッサ|DSP]]を採用すによアプリケションディオ補助処理が主流であった頃に、CPU処理によるリアルタイムエフェクターをVST ([[Virtual Studio Technology]]) という完全CPU処理の独自規格を提唱し、当時として大変画期的で注目を浴びた。コンピュータ性能の著しい向上に伴い音楽制作系アプリケーションの雄として09年現在でも大きなシェアを誇るようになっている。
 
VSTシリーズはバージョン5まで発展を遂げた後、同社がSGIのワークステーション用に並行開発を進めていた「Nuendo」のオーディオエンジンを採用した「Cubase SX」へと刷新。その後Cubase SX 3までバージョンを重ねた後、2006年に再び「SX」を外し「Cubase 4」へと名を戻している。
 
同社はVST以外にも[[ASIO]]というオーディオインターフェース用の独自規格を策定したことでも知られており、そのASIOはデファクトスタンダードとなった。AISOは後の主要なDAWの基礎を築いたとも言える。
 
2009年1月15日、NAMM09にて強力なピッチシフト、グルーブ作成機能等を追加したCubase 5、Cubase Studio 5が発表され、3月18日国内出荷開始となった。
 
 
2009年1月15日、NAMM09にて強力なピッチシフト、グルーブ作成機能等を追加したCubase 5、Cubase Studio 5が発表され、3月18日国内出荷開始となった。
 
== グレード ==
匿名利用者