「シンセサイザー」の版間の差分

1980年代には[[フェアライトCMI]]やイミュレーター ([[w:en:E-mu Emulator|E-mu Emulator]]) といった、音源自体にデジタル/サンプリング機能を用いる機種が出始め、さらにヤマハからは[[FM音源]]方式の[[ヤマハ・DXシリーズ|DXシリーズ]]がリリースされるなど、多様な音源方式が登場する様になる。
 
1982年にはMIDI規格が誕生した。
現在では実際の楽器の音色をサンプリングしたPCM音源が一般的となり、昔ながらの音を合成する楽器というニュアンスは薄れてきている。
それまでシンセサイザーは、各メーカーが独自の方式で各種パラメーター制御を行っていた。そのためシンセサイザー同士を接続した使用には問題が多かった。MIDIは、複数の電子楽器を、異なるメーカー間であっても連動して演奏・操作できるようにする事を目的として、日本の電子楽器メーカーが中心となって規格策定が行われはじめた。その後、海外メーカーとも協議・検討がされ、MIDI規格誕生へと至った。
 
現在では90年代に入ると、実際の楽器の[[音色]][[サンプリング]]したPCM音源が一般的となり、昔ながらの音を合成する楽器というニュアンスは薄れてきていった
パーソナルコンピュータが比較的安価な価格になりシステムの安定化が進んできた事で、[[DAW]]環境構築によるソフトウェアシンセサイザというコンピュータ上で動作するシンセサイザーが音楽制作現場ではよく使われるようになっている。
ソフトウェアシンセサイザーは、基本的にこれまでの各方式のシンセサイザーをコンピュータ上に再現したもので、新しい音源方式ではない。ソフトウェアシンセサイザーは利便性が追求され拡張されている面がつよい。
 
[[パーソナルコンピュータ]]が比較的安価な価格になりシステムの安定化が進んできた事で、[[DAW]]環境構築によるソフトウェアシンセサイザというコンピュータ上で動作するシンセサイザーが音楽制作現場ではよく使われるようになっている。
ソフトウェアシンセサイザーは、基本的にこれまでの各方式のシンセサイザーをコンピュータ上に再現したもので、新しい音源方式ではない。ソフトウェアシンセサイザーは利便性が追求され拡張されている面がつよい。
 
現在ではコンピュータ上に多くの音源方式がシミュレートされ、手軽に多くのタイプの音源方式にふれられる事から、一時下火となっていたアナログシンセのような音を合成するといった音作りにも目が向けられるようになっている。
 
== 音源方式の種別 ==
匿名利用者