「吉展ちゃん誘拐殺人事件」の版間の差分

m
(WP:CONTEXT-内容に関連するリンクだけを作成,課す→科す)
* 足が不自由であることから、身代金受け渡し現場から素早く逃げられない(アリバイ崩しの過程で実際には身のこなしは敏捷であることが分かった)。
 
小原は、以前の取り調べと同じように相手をはぐらかすような受け答えを続けるが、最終的に自供したのは、刑事の平塚八兵衛による、徹底的なアリバイの洗い直しと供述の矛盾を突く粘り強い取り調べの結果であった。1965年7月、取調べ期間の最終日に、小原の「[[日暮里大火]]<ref>火災発生は1963年4月2日の午後。最初の脅迫電話がかかって来た時、テレビのニュースでこの火災のことを報じていたのを、吉展ちゃんの祖母が覚えていた。[[本田靖春]]著『誘拐』(2005年、[[ちくま文庫]])P.308 - 309。</ref>を山手線の車中から見た<ref>供述通り福島県にいた場合、見ることができない。</ref>」という何気ない一言から犯行を認め、まもなく逮捕される。
 
こうして犯人は逮捕されたが、小原の供述から吉展ちゃんは誘拐直後に殺害されていたことがわかり、三ノ輪橋近くの[[円通寺 (荒川区)|円通寺]]([[荒川区]][[南千住]])の[[墓地]]から遺体で発見された<ref>この時捜査員は当初隣の寺を捜索したために遺体が見つからなかった。その後吉展ちゃんの供養のため、円通寺の境内には「よしのぶ地蔵」が建立され、奉られている。</ref>。
442

回編集