「ブルー・ライト・ヨコハマ」の版間の差分

*いしだあゆみの代表曲。100万枚を超える大ヒットとなり「“歌手”いしだあゆみ」のイメージを確立した。また、いしだあゆみは本作で[[1969年]][[12月31日]]の[[第20回NHK紅白歌合戦]]に初出場を果たした。
*[[筒美京平]]の初のチャート1位でもあり、筒美京平はこの曲で[[第11回日本レコード大賞]]作曲賞を受賞し、新進作曲家として注目を集める。
*[[東京放送]]系列[[特撮]][[テレビ映画]]『[[怪奇大作戦]]』第26話([[1969年]][[3月9日]]放送)の劇中で、この曲が流れる場面がある。
*1990年頃、[[横浜市]]に本社を置く[[コンビニエンスストア]]、「[[スリーエフ]]」のCMソングに使われたことがある。
*[[2004年]]2月に[[上原多香子]]がこの曲をカバーしているがこれは[[連続テレビ小説|NHK朝の連続テレビ小説]]『[[てるてる家族]]』でいしだあゆみをモデルとする岩田夏子役を上原多香子自身が演じたことがきっかけである
*この曲を意識し、[[Mi-Ke]]が『[[ブルーライト ヨコスカ]]』をリリースした。
*[[2005年]]には、[[サザンオールスターズ]]が[[シングル]]『[[BOHBO No.5/神の島遥か国|BOHBO No.5/神の島遥か国]]』にてカヴァー(ボーカルは横浜市出身の[[原由子]])。