メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
ランドが20代の輝かしい活躍で築いた評判は以後衰えることがなかった。むしろ、その後の作品や書いたものがその分野における彼の陰の立役者(éminence grise)としての地位を確立してゆくにつれ、その名声はますます堅固なものとなってゆく。<ref name="beirut2"/>
 
ランドは1950年代から1960年代にかけて制作した企業[[ロゴタイプ|ロゴ]]の分野で一番知られているが、もともと評価されたのは初期のページ・レイアウト(タイプセッティング)の仕事である。1936年、ランドは''Apparel Arts''という雑誌の記念号のページ・レイアウトを任される<ref name="heller"/>。彼の才能は「ありふれた写真を劇的な構成に変え、誌面の説得力を大きく増」し、ランドはフルタイムの業務を与えられることになった。さらには''Esquire''誌や''Coronet''誌からアート・ディレクションの注文を呼び込んだ。ランドは、初めは「まだ自分はそうしたレベルに達していない」として注文を断っていたが、一年後には''Esquire''誌のファッションのページの責任者になることを決意する。このとき弱冠わずか23歳であった。
 
''Direction''誌のカバーのデザインは、そのころまだ模索中であった「ポール・ランド風」デザインを展開していくための重要な段階となったようである<ref name="heller"/>。1940 年12月号のカバー(英語版本記事の図Aを参照)は、[[有刺鉄線]]のイメージによって戦渦で破壊された贈り物と十字架を現したもので、この雑誌の仕事での「芸術的自由」を端的に示すものになっている。『デザインについて』(''Thoughts on Design'')で、ランドはこれはついて「重要なのは、十字架が、宗教的な含意から解放された純粋な造形として、攻撃的な垂直性(男性性)と、受動的な水平性(女性性)の完璧な融合として表現されることである」と述べている<ref name="rand2">Rand, Paul. ''Thoughts on Design.'' New York: Wittenborn: 1947.</ref>。
16,543

回編集