「イラクサ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (脚注)
m
多年生植物で30~50cmの高さになり、茎は四角く、葉と茎に刺毛がある。6月から9月にかけて葉腋から円錐形に緑色の花をつける。
 
アイコ(アエコ)、イラナ(イラ)、アエダケ(アイダケ・エダケ)など、地域によって呼び名が変わる。イタイタグサともイラグサとも呼ばれる。
[[標準和名]]のイラクサは''Urtica thunbergiana''であるが、ヨーロッパや北米の近縁種''U. dioica''(英名Stinging nettle)をイラクサと訳すことも多い。
なお、ミヤマイラクサはムカゴイラクサ属(Laportea)であり、イラクサとは別属である。
夏から秋にかけ、緑白色の雄花と淡緑色の雌花が咲く。茎や葉の表面には毛のようなとげがある。そのとげの基部には[[アセチルコリン]]と[[ヒスタミン]]を含んだ液体の入った嚢があり、とげに触れその嚢が破れて皮膚につくと強い痛みがある。
 
関東以南の本州、四国、九州に自生し、北アメリカ、ヨーロッパにも見られる。近年では北海道でも自生する。イタイタグサともイラグサとも呼ばれる。
 
==利用==
8,170

回編集