「松本市の歴史」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot:リンクとリンクテキストが同じものの修正)
編集の要約なし
* 1959年[[8月]] - [[台風]]7号が襲来し、翌月の伊勢湾台風と共に[[災害救助法]]が適用。
* 1959年[[9月]] - 市民会館が深志公園内に竣工。
* 1906年4月 - 塩尻市片丘の北内田地区が松本市に分離合併。
* [[1961年]][[3月]] - [[開智小学校]]本館が[[重要文化財]]に指定。
* 1961年[[4月]] - [[塩尻市]]片丘南内田の[[崖の湯温泉]]が松本市に分離合併。
* 1961年[[7月]] - [[神奈川県]][[藤沢市]]と姉妹都市提携。
* [[1963年]][[9月]] - [[国道19号]]([[松本バイパス]])工事が竣工。
* [[1964年]][[3月]] - 松本・諏訪地区が[[新産業都市]]に指定([[2001年]]失効)。
* 1964年[[6月]] - [[美ヶ原|美ヶ原高原]]が[[国定公園]]に指定。
* [[1965年]][[10月]] - [[松本空港]]開港。
[[Image:Map-of-matsumoto-city.png|right|320px]]
市町村の掲載順は松本市の公式文書に用いられるものと同じにした。
* 1907年(明治40年)5月1日 - [[東筑摩郡]]松本町(地図:1)が単独で市制施行。松本市発足。(12.17km²)
* 1925年(大正14年)2月1日 - 東筑摩郡松本村(地図:2)を編入。(18.80km²)
* 1943年(昭和18年)4月1日 - 東筑摩郡中山村の神田区(地図:3)を編入。(61.71km²)
* 1954年(昭和29年)4月1日 - 東筑摩郡島内村(地図:4)、中山村(同:5)、島立村(同6)を編入。(214.85km²)
* 1954年(昭和29年)8月1日 - 東筑摩郡新村(地図:7)、和田村(同:8)、神林村(同:9)、笹賀村(同:10)、芳川村(同:11)、寿村(同:12)、岡田村(同:13)、入山辺村(同:14)、里山辺村(同:15)、今井村(同:16)を編入。
* 1960年(昭和35年)4月1日 - 塩尻市に編入された東筑摩郡片丘村の欠の湯地籍を除いた北内田区(地図:17)を編入。(226.14km²)
* 1961年(昭和36年)4月1日 - 塩尻市に編入された東筑摩郡片丘村の内田区のうち欠の湯地籍(地図:18)を編入。(226.20km²)
* 1974年(昭和49年)5月1日 - 東筑摩郡本郷村(地図:19)を編入。(264.30km²)
* 1982年(昭和58年)4月1日 - 塩尻市洗馬の一部(空港東 地図:20)を編入。(265.87km²)
* 2005年(平成17年)4月1日 - 東筑摩郡四賀村(同:赤)、南安曇郡安曇村(地図:青)、奈川村(同:緑)、梓川村(同:茶)を編入。(919.35km²)
 
=== 旧・松本町(市制施行前) ===
* 1879年(明治12年) - 南安曇郡制施行により南安曇郡[[安曇村]]が発足。
* 1889年(明治22年)4月1日 - 市町村制施行も合併を伴わずに発足
 
== 人口の推移 ==
<div style="width:100%;float:left"><!-- 1pix=1,000x0.465 -->
松本市の人口の推移<br/>[単位:人] 5年おきの人口は太字になっている(近代の人口のはじめである1898年についても同様)。
{|
|-
! 年
! 人口
|-
|'''[[江戸時代]]'''
|{{bar|b|2|0}} 2万弱(町人:12,000、武家人:7,000超)
|-
|'''[[1898年]]'''
|{{bar|b|3|1}} 30,743
|-
|'''[[1900年]]'''
|{{bar|b|3|7}} 37,593
|-
|'''[[1905年]]'''
|{{bar|b|3|4}} 34,121
|-
|[[1907年]]
|{{bar|b|3|1}} 31,866(市制施行)
|-
|'''[[1910年]]'''
|{{bar|b|3|5}} 35,225
|-
|'''[[1915年]]'''
|{{bar|b|4|1}} 41,233
|-
|'''[[1920年]]'''
|{{bar|b|5|0}} 49,607
|-
|'''[[1925年]]'''
|{{bar|b|6|3}} 63,427(松本村を編入)
|-
|'''[[1930年]]'''
|{{bar|b|7|2}} 72,165
|-
|'''[[1935年]]'''
|{{bar|b|7|3}} 73,353
|-
|'''[[1940年]]'''
|{{bar|b|7|3}} 72,793
|-
|[[1943年]]
|{{bar|b|7|4}} 74,010(中山村神田区を編入)
|-
|'''[[1945年]]'''
|{{bar|b|7|7}} 76,532
|-
|'''[[1950年]]'''
|{{bar|b|8|6}} 86,005
|-
|[[1954年]]
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|4|1}} 141,734(島内村他12か村を編入)
|-
|'''[[1955年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|4|5}} 145,228
|-
|'''[[1960年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|4|9}} 148,709([[塩尻市]]内田、同市崖の湯を編入)
|-
|'''[[1965年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|5|4}} 154,131
|-
|'''[[1970年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|6|3}} 162,931
|-
|[[1974年]]
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|8|4}} 183,761(本郷村を編入)
|-
|'''[[1975年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|8|6}} 185,577
|-
|'''[[1980年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|0}} 190,056
|-
|[[1982年]]
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|4}} 194,204(塩尻市洗馬の一部を編入)
|-
|'''[[1985年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|4}} 194,204
|-
|'''[[1990年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|9}} 199,453
|-
|'''[[1995年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|0|7}} 205,523
|-
|'''[[2000年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|1|0}} 208,970
|-
|'''[[2005年]]'''
|{{bar|b|0|1}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|9|9}}{{bar|b|3|0}} 228,805([[梓川村]]他3か村を編入)
|}
</div>
<br style="clear:left">
 
== 歴代首長 ==
匿名利用者