「交友クラブ」の版間の差分

編集の要約なし
(ハマコー氏と綿貫民輔氏だけ名を挙げるのはPOV。石川真澄著『人物戦後政治』に川島派で名を知られていた議員として挙げられている政治家3名を追加)
 
== 概説 ==
[[1962年]]10月、[[岸派]]で一定の勢力を持っていた[[川島正次郎]]が結成。20人程の規模を維持し、[[中間派]]として影響力を持った。[[1970年]]に川島が死した後は、[[椎名悦三郎]]が派閥を存続させたが、椎名の[[引退]]で解散した。
 
この派閥から、領袖である川島や椎名が[[自由民主党副総裁|党副総裁]]に就任している。
 
この派閥に所属していた主な議員として[[赤城宗徳]]、[[荒船清十郎]]、[[藤枝泉介]]、[[浜田幸一]]、[[綿貫民輔]]等がいる。
 
20人程度の勢力を維持していたのは、拡張しようとして出来なかったわけではなく意図的なものである。川島は「資金集めが大変だから」という理由で、希望者が続出したにもかかわらず、川島派の議員数を20名程度にとどめていた。派閥成員17人ぐらいで大臣ポスト1つの割合で閣僚ポストを割り振るのが当時の人事慣行で、20人程度を擁していれば確実に大臣ポストを1つ確保できる上、派内の議員たちに効率よく満遍なく大臣ポストをまわすことができ、ポストを巡る争いが少なくなって派の結束も維持しやすいことを川島は知っていたのである。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者