「東常縁」の版間の差分

編集の要約なし
{{武士/開始|東常縁}}
'''東 常縁'''(とう つねより:[[1401年]]([[応永]]8年)? - [[1484年]][[4月11日]]([[文明 (日本)|文明]]16年[[3月16日 (旧暦)|3月16日]]))は、[[室町時代]]の武将であり、歌人でもある。父は[[東益之]]。法名は素伝。官職が下野守だったため東野州と一般には称される。生年は[[1405年]](応永12年)、[[1407年]](応永14年)とも言う。
{{武士/肖像|}}
{{武士/時代|[[室町時代]]中期から[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]初期}}
{{武士/生誕|[[応永]]8年([[1401年]]?)}}
{{武士/死没|[[文明 (日本)|文明]]16年[[3月16日 (旧暦)|3月16日]]([[1484年]][[4月20日]])?}}
{{武士/改名|}}
{{武士/別名|六郎、東野州、素伝}}
{{武士/戒名|}}
{{武士/墓所|}}
{{武士/官位|左近将監、下野守}}
{{武士/主君|[[室町将軍家]]、[[足利義政]]他}}
{{武士/氏族|[[平氏|平]]姓[[千葉氏]]流[[東氏]]}}
{{武士/父母|父:[[東益之]]、母:[[藤原氏]]の娘}}
{{武士/兄弟|[[東氏数|氏数]]、[[安東氏世]]、[[東常縁|常縁]]、[[南叟龍朔]]、[[正宗龍統]]}}
{{武士/妻|[[正室]]:不詳}}
{{武士/子|'''[[東縁数|縁数]]'''、[[東常和|常和]]、[[東胤氏|胤氏]]、[[常庵龍崇]]}}
{{武士/終了}}'''東 常縁'''(とう つねより:[[1401年]]([[応永]]8年)? - [[1484年]][[4月11日]]([[文明 (日本)|文明]]16年[[3月16日 (旧暦)|3月16日]]))は、[[室町時代]]の武将であり、歌人でもある。父は[[東益之]]。法名は素伝。官職が下野守だったため東野州と一般には称される。生年は[[1405年]](応永12年)、[[1407年]](応永14年)とも言う。
 
[[東氏]]は[[千葉氏]]一族の武士の家柄であったが、先祖の東胤行は[[藤原為家]]の娘婿にあたり、東氏は女系ながら[[藤原定家]]の血をひく。
 
== 生涯 ==
[[室町幕府]][[奉公衆]]として[[京都]]にあり、[[冷泉派]]の[[清巌正徹]]にも[[和歌]]を学ぶが、[[1450年]](宝徳2年)正式に[[二条派]]の[[尭孝]](ぎょうこう)の門弟となる。[[1455年]](康正元年)[[下総国]]で起きた本家にあたる[[千葉氏]]の内紛を収めるため、[[征夷大将軍|将軍]][[足利義政]]の命により、嫡流の[[千葉胤賢]]の遺児[[千葉実胤|実胤]]と[[千葉自胤|自胤]]を支援し[[関東]]を転戦した。だが、[[古河公方]][[足利成氏]]が常縁に敵対的な介入を図ったために、成果は芳しくなかった。
 
更に、関東滞在中に[[応仁の乱]]が発生し、所領である[[美濃国]]郡上を[[守護]][[土岐成頼]]を擁する[[斎藤妙椿]]に奪われたが、これを嘆いた常縁の歌により所領の返還がかなった。[[1471年]](文明3年)、[[宗祇]]に[[古今伝授]]を行っている。後年「拾遺愚草」の注釈を宗祇に送っている。
 
東常縁は、'''[[古今伝授]]の祖'''として注目されるが、当時の歌壇の指導者であったわけではなく、むしろ二条派歌学の正説を伝えた歌学者としての功績が大きい。家集には「常縁集」、歌学書には「東野州聞書」がある。
 
==関連項目==
匿名利用者