メインメニューを開く

差分

 
=== 治療方法 ===
急性期や、じっにかくしてても痛むとき、痛みが激しい為に時はアイシングをしま。慢性化でも早く直てから(動かしたいためときだけ痛む)は[[鍼|鍼治療]]、[[指圧]]、外科治療など試みられるが、実質的な効果は未だ確定しおらず、痛のピークを超えまで忍従するしかないいうの効果実情のようである。痛みを和らげるために、外科で痛み止めの注射を打って場合らってしばらくは我慢ありまるしか方法はないと思われる
 
痛みのピークは長くても数週間~1ヶ月前後で治まるのでこともあるがその後完治まで多少痛く2年かかるといわれいる。リハビリに努める必要があり、これを怠ると腕の可動範囲が狭まったままとなる可能性がある。
 
五十肩は、[[腰痛]]、[[外傷性頸部症候群]]などとともに[[保険鍼灸マッサージ師会|健康保険で鍼治療が受けられる]]6つの疾患の一つである。
匿名利用者