「P2」の版間の差分

m
(en:P2 (storage media) 30 April 2009, at 12:41 (UTC). から翻訳加筆)
P2カードの容量は競合するテープメディアに比べて少ない。(miniDVテープが標準で13GBでHDCAMテープが50GBである)そのため、P2を使用するカムコーダーやデッキは使用中に交換できるように複数のカードスロットを備える。複数のスロットにP2カードを挿して使用する場合、片方のカードの容量が満杯になるとアクセスしていないスロットのカードを交互に交換する事が可能である。(取り外し可能かどうかは発光ダイオードで表示される)ビデオテープとは異なり間違って上書きされないようになっている。古い映像は手動で消去しなければならない。カードの容量は現在最大64GBである。P2カードはPCMCIAカードで現在入手できるフォーマットで最も転送速度が速い。カードはファイルの管理と保護の為にプロセッサを備え、新たに開発された筐体は(パナソニックによると)タフで信頼性が高く作られたP2カードは"軍用"仕様であるとされている。
 
最初にP2フォーマットを使用した機種の一つにAJ-SPX800 (撮像素子が2/3"で放送用のカムコーダーで用途は[[ENG]]と[[EFP]]である)、スタジオレコーダーAJ-SPD850、読み取り機AJ-PCD10 (基本的には5スロットのPCカード読み取り機でUSBインターフェース接続で5-1/4" IT システムベイに内できるように設計されている)がある。メモリーカードはAJ-P2C004 (4 GB)とAJ-P2C002 (2 GB)である。現在はAG-HVX200 HD 携帯型カムコーダーやハイエンドや放送用の肩持ち式のAG-HPX500, AJ-HPX2000,とAJ-HPX3000カムコーダーを含む多くのP2フォーマット対応のカムコーダーを出荷している。P2を基にしたAG-HPX170携帯型HD カムコーダーも発表された。HPX170はHVX200とHVX200Aによく似ている。主要な差異は170にはテープドライブがあることである。
 
P2カードは現在(2008年末時点)、4GB、8GB、16GB、32GB、64GBがあるがDVCPRO25で記録した場合、それぞれ最大16分、32分、62分、128分、256分になるがDVCPRO HDになると僅か4分、8分、16分、32分、64分となってしまい現段階ではHD用には有効ではない。また、1枚あたりの価格もテープに比べ遥かに高いのでメーカーでも撮影現場などで一杯になってしまったP2カードのデータを転送する為のポータブルHDDを販売してる。現在の価格は16GBで約10万円とされる。
 
「P2-HD」が、[[2008年]]に開催された[[北京オリンピック]]の公式放送機器に採用された。<ref>[http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn060424-2/jn060424-2.html 「P2-HD」シリーズが北京オリンピックの公式放送機器に採用] 松下電器産業、2006年4月24日。</ref>。
 
 
== 仕様 ==
230,364

回編集