「幼稚園教員」の版間の差分

編集の要約なし
 
園児の発育において、園児の教育のほか、園児の健康面での管理、園児保護のための不審者対策なども重要な仕事となっている。幼稚園教諭普通免許状(専修、一種、二種)を有していなければならない。
 
=== 全国の幼稚園教員の数 ===
{| class="wikitable" style="text-align:center"
|+ '''幼稚園教員の数(本務教員数)<ref>[http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/main_b8.htm 学校教員統計調査](文部科学省)</ref>'''
|-
! 年度
! 男
! 女
! 計
|-
| '''2001年度''' || 6,772人 || 95,063人 || 101,835人
|-
| '''2004年度''' || 6,986人 || 97,429人 || 104,415人
|-
| '''2007年度''' || 7,636人 || 99,223人 || 106,859人
|}
 
== 幼稚園教諭免許状を取得する方法 ==
* 一種免許状=日本の[[学校教育法]]に基づく[[大学]][[卒業]]以上の[[学歴]]を有する者([[学士]]の学位を有する者)。
* 二種免許状=日本の[[学校教育法]]に基づく[[短期大学]][[卒業]]以上の学歴を有する者([[準学士]]・[[短期大学士]]の学位を有する者も含む)。
: ただし、学位は教育職員免許法第5条第1項「別表第1」適用時。教育職員検定等による取得では上記学位の規定が無い場合もある。
 
== 補足 ==
* 二種免許状については、[[専修学校専門課程]]で取得できるところもある。また、一部の専門学校では夜間課程もあるが、幼稚園教諭免許状のみ取得できる学科については一定基準を満たしていないところもある(1700時間未満)。その場合、大学への編入学ができない。また、そういった人が幼稚園教諭二種免許状を一種にするには、現場で一定期間の実務経験を経て教育職員検試験に合格するという方法がある。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
182

回編集