「ドイツアフリカ軍団」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ドイツアフリカ軍団'''(ドイツアフリカぐんだん 独:Deutsches Afrikakorps, 略称:DAK)は、[[第二次世界大戦]]中に[[地中海]]沿岸の[[イタリア]]領[[リビア]]に派遣された[[ドイツ軍]]部隊の名称の一つである。[[アフリカ]]派遣軍部隊のすべてがドイツアフリカ軍団に属していた訳ではない。[[エルヴィン・ロンメル]]の指揮により、大きな戦果を挙げた。
[[Image:Advance of the Panzerjager-Abteilung 39-AC1942.jpg|right|250px|thumb|ドイツアフリカ軍団所属の対戦車部隊の行軍(1942年)]]
'''ドイツアフリカ軍団'''(ドイツアフリカぐんだん 独:Deutsches Afrikakorps, 略称:DAK)は、[[第二次世界大戦]]中に[[地中海]]沿岸の[[イタリア]]領[[リビア]]に派遣された[[ドイツ軍]]部隊の名称の一つである。[[アフリカ]]派遣軍部隊のすべてがドイツアフリカ軍団に属していた訳ではない。[[エルヴィン・ロンメル]]の指揮により、大きな戦果を挙げた。
ドイツアフリカ軍団の戦闘の詳細は、[[北アフリカ戦線]]を参照。
 
== 概要 ==
<!-- [[Image:RommelBundesarchiv inBild Africa1941101I-783-0150-28, Nordafrika, Panzer III.jpg|right|250px|thumb|250px|Rommel in Africa - Summer 1941北アフリカでの[[III号戦車]]]] -->
[[1940年]]9月イタリア領[[リビア]]に駐留する[[イタリア軍]]は、[[ローマ帝国]]の再来を夢見てイギリス領[[エジプト]]への侵攻を開始した。しかし、攻勢は12月から[[イギリス軍]]の反撃により頓挫し、[[1941年]]1月イギリス軍は逆にリビアのキレナイカ地方を占領し、2月6日にはベンガジを占領する。このイタリア軍の敗北を受けて、ドイツ[[国防軍最高司令部]]は地中海・アフリカ方面へ兵力を展開することを決定し、[[エルヴィン・ロンメル]]を指揮官として2個師団(第5軽師団と第15装甲師団)をドイツアフリカ軍団と名づけ、イタリア軍救援のために派遣した。なお、この時点ではロンメルにはイタリア軍を指揮する権限はなかった。
* '''在リビア・ドイツ軍部隊'''(German Troops in Libya), (独:''Deutsche Truppen in Libyen'') 1941年2月 &ndash; 1941年8月
116

回編集