「可算名詞」の版間の差分

英語の可算・不可算性に追加
(英語の可算・不可算性に追加)
 
===文脈によるもの===
集合的・総体的に表す場合など、文脈によっては可算名詞にも不可算名詞にもなる場合もある。例えば、rope (ロープ)という単語は、「始端と終端のある1本のロープ」という意識がある文脈では可算名詞の "a rope" という使われ方をし、漠然と「ロープというもの」という意識がある文脈では不可算名詞の "rope" という使われ方をする。"Smoke" なら「煙」だが "a smoke" は「タバコの一服」で、"Wood" は材木だが "woods" は「森」。"I ate '''a''' chicken." と言うと「ニワトリ一羽をまるごと食べた」となるので、「鶏肉を食べた」は "I ate chicken." と言わねばならない
 
===可算性===
名詞の可算性がはっきりと定義されない[[日本語]]のような言語で数詞を付けて1つ、2つと数えられる名詞が、英語では不可算名詞とされているものも多い。一例では野菜の[[アスパラガス]](asparagus)や[[ブロッコリー]](broccoli)が不可算名詞とされ、逆に数としては数えにくい[[光線]](ray)や[[日焼け]](tan)が英語では可算名詞とされているなど、日本語の概念と異なるものも多い。初学者を悩ませる不可算名詞の代表には[[家具]](furniture)が挙げられる。個々の語の可算・不可算については、辞書で確認のこと。
 
===可算・不可算のルール===
単数の不定の可算名詞は「[[冠詞|不定冠詞]] a / an +単数形」、複数の不定の可算名詞は無冠詞の複数形で表す。不定の不可算名詞は無冠詞(の単数形)で表す。定性(文脈から「どれ」と特定されうるもの)のものは、可算・不可算、単数・複数に関係なく、「定冠詞 the +名詞」という形で表す。
 
また,「可算名詞+ of +不可算名詞」の形で不可算のものが可算化されたものを数えることもある。例えば、物質であり不可算であるコーヒーは、カップに入れられて形のあるモノとなり、1杯、2杯と数えることができるようになる。このようにして可算化された「カップ1杯のコーヒー」を a cup of coffee と表現する。2杯ならば two cups of coffee となる。aA coffee や two coffeesbeers などと表現することは本来できない<ref>実際には『ルミナス英和辞典』(研究社)、綿貫陽 ほ『ロイヤル英文法』(旺文社)にもあるようにったが近年レストランなどでコーヒーを注文するときなどに a coffee や two coffeesbeers という表現が許容さ広く使われれている。</ref>。この場合も、どれか特定の1杯のコーヒーなら{{ the cup of coffee となる。Citation
| title=Marriam-Webster Online Dictionary
| url=http://www.merriam-webster.com/dictionary/coffee
}}</ref>。この場合も、どれか特定の1杯のコーヒーなら the cup of coffee となる。
 
前述のアスパラガスやブロッコリーを数える場合は、以下のような表現が使われるといわれている。
*a spear of asparagus
*a head of broccoli
 
純粋不可算名詞の具体的な成果や構成要素などを表すときは a piece of を使う。
* a piece of technology made recently(近年開発されたある分野の技術)
* a piece of information(ちょっとした情報)
* a piece of furniture(椅子などの特定の家具)
* a piece of wood(木切れ)
 
==フランス語==
匿名利用者