「スリックタイヤ」の版間の差分

スリックタイヤは溝がないため濡れた路面における使用は非常に危険であり、この場合はスリックタイヤに溝を加工したカット・スリック、または雨専用の[[レインタイヤ]]が使用される。
 
タイヤ競争が激化していた時代には、各カテゴリにおいて予選用に、寿命は極端に短いが非常に高いグリップを得る事が可能な予選用タイヤ(Qタイヤ)なども用意されていたが、[[フォーミュラ1|F1]]では1998年から2008~2008年まで、速くなり過ぎた旋回速度を制限する目的で、レギュレーションの規定により、[[グルーブドタイヤ]]の使用が義務付けられていた(2009が、2009年から再びスリックタイヤを使用している。また、予選と本戦で同一のタイヤを使用することを義務づけたり、予選と本戦を通じて使用できるタイヤの種類(コンパウンド)自体を指定したりと、Qタイヤが存在できないようにしているレースも少なくない。
 
[[ドラッグレース]]におけるスリックタイヤは主にドラスリと呼ばれ、主な会社はミッキートンプソンや[[グッドイヤー]]などである。このタイヤの特徴はラジアル構造ではなくバイヤス構造であることと、コンパウンドが極端に柔らかいことである。空気圧も極端に低く設定され、タイヤがたわむことでグリップを稼ぐものである。
匿名利用者