メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
 
== 藩史 ==
[[喜連川頼氏]]は[[関ヶ原の戦い]]([[1600年]])に出陣しなかったが、戦後に[[徳川家康]]に戦勝を祝う使者を派遣したことから1000石の所領を加増された。それでも総[[石高]]4500石程度に過ぎず、本来ならば[[大名]]ではなく藩と呼ぶことはできない。しかし[[江戸幕府]]を開き[[源氏長者]]となった家康は、かつての将軍家でありかつ源氏長者でもあった足利氏の格式を重んじ、10万石の[[大名]]並家格と、大名として最高の尊称である[[御所号]]を許した。喜連川藩は江戸期を通じて石高が1万石に満たなかった唯一の藩ということになる。他に喜連川藩に許された特例は、参勤交代と諸役の免除があげられる。ただし、参勤交代については毎12月に自主的に参府していた<ref>喜連川公方実記</ref>。
 
[[鎌倉公方]]以来の家臣団はかつての[[小弓公方]]方・[[古河公方]]方の対立などで複雑であり、1647年には御家騒動([[喜連川騒動]])が起きている。しかしこれを切り抜けて喜連川氏の支配が続き、[[明治時代]]に至る。維新後は足利姓に復して[[子爵]]に列せられた。
 
喜連川藩家臣は100人にも満たず、10万石の格式を保つ出費が負担で、藩財政は厳しかった。荒川・内川の氾濫と[[天保の飢饉]]は藩財政をますます窮乏させた。9代目藩主[[喜連川煕氏]] は天保10年(1839年)から藩政改革に乗り出し、義援米のための倉の設置、厳格な検地の実行、新田開発、藩内の士風刷新などの政策を実行しようとした。しかし家中での上士と下士の対立と、財政基盤の弱さが政策の実行を阻害し、ほとんど成果が上がらなかった<ref name="藩史大事典p155">藤野保・木村礎・村上直 『藩史大事典  第2巻  関東編』 雄山閣 1988年 ISBN 4-639-10036-1 p.155p155</ref>。唯一の救いは、喜連川が[[奥州街道]]沿いの宿場町であったことで、奥州の大名、わけても[[仙台藩]]の参勤交代時には喜連川の宿場は潤った。仙台藩が費用節約のために喜連川を通り過ぎたくても、宿場前にはいつも喜連川藩主(御所様)が待っていたという。一度、仙台藩が喜連川を迂回して参勤交代した時には、御所様は義務もないのに江戸城参勤に赴き、伊達侯に嫌味を言ったと伝えられる。
 
明治3年(1870年)、喜連川藩は封土を新政府に奉還して[[日光県]]に組み込まれることになり、翌4年には日光県の合併に伴い、[[宇都宮県]]の一部となった<ref name="藩史大事典p155"/>。
 
== 教育 ==
喜連川煕氏は[[弘化]]2年(1845([[1845]])、喜連川町宇倉ヶ崎に藩校・<ruby><rb>翰林館</rb><rp>(</rp><rt>かんりんかん)」</rt><rp>)</rp></ruby>(通称広連閣)を設立。領内改革の一環として藩士子弟を教育させた。藩校においては和漢書の読書、詩文、書跡、武芸が奨励された。煕氏の領内改革自体は挫折するものの、藩校は明治維新を迎えても私塾として明治16年まで存続した<ref>栃木県史通史編5 近世2</ref>。
 
== 歴代藩主 ==
#[[喜連川縄氏]]
#[[足利聡氏]](足利姓に復姓)
 
== 参考文献 ==
* 山下昌也『日本一小さな大大名 <small>たった五千石で、徳川将軍家と肩を並べた喜連川藩の江戸時代</small>』(グラフ社、2008年) ISBN 978-4-7662-1182-5
 
== 関連項目 ==
* [[藩の一覧]]
* [[足利氏]]
* [[鎌倉公方]]
* [[古河公方]]
* [[小弓公方]]
 
== 脚注・出典 ==
[[Category:藩|きつれかわはん]]
[[Category:栃木県の歴史|きつれかわはん]]
[[categoryCategory:足利氏|*]]
[[categoryCategory:喜連川氏|*きつれかわはん]]
匿名利用者