「藤原道隆」の版間の差分

編集の要約なし
[[正暦]]元年([[990年]])正月、道隆は長女の[[藤原定子|定子]]を一条天皇の女御として入内させた。同年5月に病のため兼家が関白を辞すると、代わって関白、次いで[[摂政]]となった。7月、兼家は死去する。
 
『[[古事談]]』などによると、兼家は自分の後継をどの息子にするかを腹心の[[藤原有国|藤原在国]](後の有国)、[[平惟仲]]、[[平国平]]と諮った。国は胆力のある三男の道兼をふさわしいとした。一方、惟仲、国平は嫡庶の序によって長男の道隆を推した。結局、後継は道隆となり、この話を知った道隆は在国をはなはだ憎み、関白職に就くと直ちに在国父子の官を奪った。
 
10月に定子を[[中宮]]とし、帝の外舅そして岳父となった。正暦2年([[991年]])内大臣の官を辞して道兼に譲った。正暦4年([[993年]])4月22日に再び関白となる。
匿名利用者