「藤原道隆」の版間の差分

編集の要約なし
一条天皇の外祖父の兼家が摂政となり、嫡男の道隆は[[正三位]]権中納言から[[従二位]][[権大納言]]へ一気に引き上げられた。[[永祚 (日本)|永祚]]元年([[989年]])内大臣を拝す。道隆はこれ以上官位が進むのを望まなかったようで、この間、[[永延]]元年(987年)10月、従一位に昇叙されるべき所を、伊周の[[正五位下]]叙爵のために譲っている。
 
[[正暦]]元永祚2年([[990年]])正月、道隆は長女の[[藤原定子|定子]]を一条天皇の女御として入内させた。同年5月に病のため兼家が関白を辞すると、代わって関白、次いで[[摂政]]となった。7月、兼家は死去する。
 
『[[古事談]]』などによると、兼家は自分の後継をどの息子にするかを腹心の[[藤原有国|藤原在国]](後の有国)、[[平惟仲]]、[[平国平]]と諮った。在国は胆力のある三男の道兼をふさわしいとした。一方、惟仲、国平は嫡庶の序によって長男の道隆を推した。結局、後継は道隆となり、この話を知った道隆は在国をはなはだ憎み、関白職に就くと直ちに在国父子の官を奪った。
10月に定子を[[中宮]]とし、帝の外舅そして岳父となった。正暦2年([[991年]])内大臣の官を辞して道兼に譲った。正暦4年([[993年]])4月22日に再び関白となる。
 
[[長徳]]元正暦6年(995年)正月、二女原子を皇太子居貞親王(後の三条天皇)の妃とし、後宮政策の強化を図った。
 
だが、それから程無く、道隆は病に伏し、3[[長徳]]元年(995年)3月9日、一条天皇に請うて嫡子の内大臣伊周を[[内覧]]とし政務を委任し後継者にしようとしたが、病中の内覧のみ許され、伊周に関白の位を譲る事は許されなかった。4月3日、関白を辞し、伊周の関白就任を再度奏上したがかなわなかった。同6日[[出家]]し、10日薨去。享年43。
 
死因については、当時流行して多数の貴族の命を奪った[[疫病]]ではなく、酒の飲みすぎなどからきた[[飲水病]]([[糖尿病]])の悪化が偶々この時期に重なったものと見られている。
:[[7月20日 (旧暦)|7月20日]]:[[大納言|権大納言]]に転任し、[[皇太后宮職|皇太后宮大夫]]如元
:[[7月22日 (旧暦)|7月22日]]:[[従二位]]に昇叙し、[[大納言|権大納言]]・[[皇太后宮職|皇太后宮大夫]]如元
*[[永延]]3年改元して[[永祚 (日本)|永祚]]元年([[989年]])
:[[2月23日 (旧暦)|2月23日]]:[[内大臣]]に転任
:7月13日:[[近衛府|左近衛大将]]を兼任
*永祚2延38月改元して[[正暦永祚 (日本)|永祚]]元年([[990989年]])
*永祚2年([[990年]])
:[[5月8日 (旧暦)|5月8日]]:[[関白]]宣下。内大臣・左近衛大将如元
:[[5月13日 (旧暦)|5月13日]]:[[藤氏長者|藤原氏長者]]宣下
:[[5月26日 (旧暦)|5月26日]]:関白を止め、[[摂政]]宣下。内大臣・左近衛大将如元
:[[5月30日 (旧暦)|5月30日]]:左近衛大将を辞任。
*永祚2年11月改元して[[正暦]]元年([[990年]])
*正暦2年([[991年]])
:[[7月14日 (旧暦)|7月14日]]:内大臣を辞す
*正暦4年([[993年]])
:[[4月22日 (旧暦)|4月22日]]:摂政を止め、関白宣下。[[藤原氏長者]]如元
*正暦6年2月改元して[[長徳]]元年([[995年]])
:[[4月3日 (旧暦)|4月3日]]:関白・藤原氏長者を辞す
:[[4月6日 (旧暦)|4月6日]]:出家
匿名利用者