「角運動量保存の法則」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''角運動量保存の法則'''(かくうんどうりょうほぞんのほうそく)は、[[質点]]に働くすべての[[力]]の[[作用線]]が、常にある一点で交わるときは、質点の[[角運動量]]は常に一定であるという[[保存]]である
 
 
例えば、[[フィギュアスケート]]の選手が、前に突き出した腕を体に引きつけることで高速スピンをしているのを見ることがある。
[[外力]]が働かなければ角運動量は保存される。外力が加わると「こま」は傾きを保ったまま大きく回転をはじめる([[歳差運動]])。
このときも「こま」の角運動量と歳差運動の角運動量を合成することで、角運動量保存の法則が成立する。
 
 
== 角運動量保存の法則の証明 ==
 
{{DEFAULTSORT:かくうんとうりようほそんのほうそく}}
[[Category:力学回転]]
[[Category:自然科学の法則]]
[[Category:保存則]]
 
[[en:Torque#Explanation]]
110

回編集