「アスペクト比」の版間の差分

→‎具体例: 代表という単語を削除。640x480などは例ではあるが代表というわけではないので。
m (ロボットによる 変更: it:Aspect ratio (immagine))
(→‎具体例: 代表という単語を削除。640x480などは例ではあるが代表というわけではないので。)
==具体例==
*[[スクリーン・アスペクト比]] (SAR)
** [[テレビ|従来型のテレビ]] (SDTV) の画面は4:3 (1.33:1) 。パソコンの[[画面解像度]]の比率で、[[VGA|640×480]]・[[XGA|1024×768]]がこの条件を満たす代表例である。
** [[高精細度テレビジョン放送|ハイビジョン]] (HDTV) は16:9 (1.78:1) 。主にフルハイビジョンテレビもしくはフルハイディフニションテレビの[[画面解像度]]での1920×1080が16:9の条件を満たす。
** 現代のコンピュータのワイド液晶の多くは16:10 (1.6:1) 。[[画面解像度]]の例としては、19"の1440×900 (WXGA+) 、22"の1680×1050 (WSXGA+) 、24"の1920×1200 (WUXGA) 等。フルハイビジョンテレビもしくはフルハイデフィニッションテレビの[[画面解像度]]の1920×1080を完全に表示するには1920×1200 (WUXGA) が必要。
匿名利用者