「ボイスオーバー」の版間の差分

編集の要約なし
'''ボイスオーバー'''('''voice-over'''、'''V.O.'''、'''VO''')とは、映画やテレビなどにおいて、画面に現れない話者の声(叙述など)を用いる表現手法である。
'''ボイスオーバー'''('''Voice Over''')とは、テレビ番組の[[ニュース番組]]や[[ドキュメンタリー]]などの外国人へのインタビューや外国人の専門家などの参考発言や情報などで、原語の外国語を小さくバックで流しつつ、翻訳された日本語を喋ること。'''V.O'''または'''VO'''と略される。また、英語圏では[[アテレコ]]やナレーションもボイスオーバーと呼ばれることがある。
 
== 翻訳音声におけるボイスオーバー ==
[[吹き替え]]と混同されやすいが、ボイスオーバーの方が数段難しい。基本的に本人の言葉を会話の冒頭で少し聞かせつつフェードイン。最後は少し早めに切り上げ、本人の言葉で会話が終わるようにフェードアウトする。
ニュース番組やドキュメンタリーなどの翻訳音声の編集において、原語の音声を小音量で流しつつ、翻訳された音声を流すときがある。これは完全な[[吹き替え]](本人による発話を模す)とは異なり、画面外の通訳の存在を感じさせるため、こうした表現手法もボイスオーバーと呼ぶ。対して、完全な[[吹き替え]]はリップシンクと呼ぶ。
 
日本で上映される映画ではまず使われることは無い手法だが、例外的にたとえば映画・「[[ラストサムライ]]」は[[英語]]と[[日本語]]の会話が'''たがいに入り混じる'''内容であるため([[トム・クルーズ]]が日本語を、また[[渡辺謙]]が英語を話すシーンなどがある)、DVD版の日本語吹き替え音声にはボイスオーバー形式が採用されている。
 
主に、[[ドキュメンタリー]]や情報番組においての注意点だが、海外の人々の生の発言(原語)を本当に理解している日本人は少ない。そのため、我々がそれらの番組から情報を得る際、ほとんどが翻訳された日本語に頼っている。にもかかわらず、実際には原語の内容とは一部、または全く内容の違う翻訳がなされている場合があるので注意も必要である。これはテレビ番組(「[[発掘!あるある大事典]]」など)においての[[捏造]]問題、[[やらせ]]にもつながる。
== 関連項目 ==
* [[ヴォイス・オーヴァー (映画)]]
匿名利用者