「国立メディア芸術総合センター」の版間の差分

国立メディア芸術総合センターは、[[文化庁]]に設置された有識者の懇談会である「メディア芸術の国際的な拠点の整備に関する検討会」が、2009年(平成21年)4月に発表した報告書「メディア芸術の国際的な拠点の整備について(報告)」<ref name=houkoku>[http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/madiageijutsu/pdf/houkokusho_H210428.pdf メディア芸術の国際的な拠点の整備について(報告)]、メディア芸術の国際的な拠点の整備に関する検討会、2009年。</ref>の中で、整備を提案した施設の仮称である。
 
これまでの絵画や彫刻のような伝統的なものと一線を画する、コンピュータテクノロジーや[[電子機器]]を利用した作品、[[アニメ]]、[[漫画]]、[[ゲーム]]などの近代商業芸術、これら[[メディアアート]]作品を中心とした展示、資料収集、保管、提供、調査研究などの拠点機能を果たすとされる。しかし現段階で具体的に、どのようなコンテンツをどのような選考基準で整備対象とするのかなどの詳細は未定であり今後の検討課題とされている。
 
また文化庁は、[http://plaza.bunka.go.jp/site/site.php 文化庁メディア芸術祭]というメディアアートイベントを毎年開催していることから、同趣旨を持つ国立メディア芸術総合センターも、これに準じ拡張されたものになるのではないかと予測される。
匿名利用者