「高田眞治」の版間の差分

編集の要約なし
m (clean up + リダイレクト回避, Replaced: 東京帝国大学東京帝国大学)
'''高田 真治'''(たかだ しんじ、[[1893年]][[8月6日]] - [[1975年]][[11月24日]])は、支那思想学者、元[[東京大学|東京帝国大学]]教授。
 
東京帝国大学漢学科卒、1930年母校助教授となり、ドイツおよび米国、中華民国に留学、帰国後1934年教授、1936年[[文学博士]]となる。また1932年[[漢学会]]を設立し、『漢学会雑誌』を創刊、国家主義的思潮に沿って東京帝大支那哲学文学科を指導、敗戦により教員不適格とされ、1948年退職。その後[[国士舘大学]]教授を務め、長い沈黙ののちを経て、『[[詩経]]』の全注釈を上梓した。
 
==著述==
*[[易経]] [[岩波文庫]], 1937、新版は後藤基巳補訂訳で上下巻
*[[儒教]]の精神 [[大日本図書]], 1937
*上代支那哲学史 東京プリント刊行会, 1937
*支那哲学概説 [[春秋社]], 1938
*支那思想の研究 春秋社, 1939
*比較政治学 浜薫明共著 南郊社, 1939
*東洋思潮の研究 第1 春秋社松柏社,1944
*支那思想の展開 第1巻 弘道館図書,1944
*詩経 漢詩大系 詩経 1.2 集英社  1966-68、新版1996
 
{{DEFAULTSORT:たかた しんし}}
匿名利用者