「小泉八雲」の版間の差分

 
== 評価についての論争 ==
東京帝国大学名誉教師となった日本研究者でハーンとも交友があった[[バジル・ホール・チェンバレン]]は、ハーンは幻想の日本を描き、最後は日本に幻滅したとした。また、ハーンが英語で発表した作品は同時代の日本では知られず、本格的に日本語に翻訳・紹介されたのは大正末期からであり([[第一書房 (第1期)|第一書房]]『小泉八雲全集』など)、「天皇制を肯定、日本人独自論を提唱」しているハーンの著作は、戦前の日本ナショナリズムを補完するものとして受け止められた。
東京帝国大学名誉教師となった日本研究者の[[バジル・ホール・チェンバレン]]は、ハーンは幻想の日本を描き、最後は日本に幻滅したとした。ハーン研究者でもある比較文学者の[[平川祐弘]]はこれに反対して、チェンバレンはハーンとの友情を破り、冷たい頭で日本を描いたが、ハーンは日本を愛し暖かい心で日本を描いたとした。しかしやはり比較文学者の[[太田雄三]]はこれに反論し、『B・H・チェンバレン』(リブロポート)や『ラフカディオ・ハーン』(岩波新書)で、ハーンは日本の過去を美化しすぎており、チェンバレンは学者として正確な日本像を描こうとしたのだと反論した。また、ハーン礼讃はナショナリズムの現われではないかとしてハーンの[[オリエンタリズム]]を批判する論者、あるいは「神々の国の首都」を書いたハーンが、明治期天皇制を日本古来のものと勘違いしたと指摘する者もいる(福間良明『辺境に写る日本』)。平川も『ラフカディオ・ハーン』(ミネルヴァ書房)で、ハーンの筆致に誇張があったことを認めているが、上記のごとく、一部([[左派|左派系]])文化人のハーンの「脱神話化」の試みにもかかわらず、現代の日本人の間での支持には確固としたものがある。[[三島由紀夫]]等も、[[川端康成]]との書簡のなかでしばしば、引用している。
 
東京帝国大学名誉教師となった日本研究者の[[バジル・ホール・チェンバレン]]は、ハーンは幻想の日本を描き、最後は日本に幻滅したとした。ハーン研究者でもある比較文学者の[[平川祐弘]]はこれチャンバレンの説に反対して、チェンバレンはハーンとの友情を破り、冷たい頭で日本を描いたが、ハーンは日本を愛し暖かい心で日本を描いたとした。しかしやはり比較文学者の[[太田雄三]]はこれに反論し、『B・H・チェンバレン』(リブロポート)や『ラフカディオ・ハーン』(岩波新書)で、ハーンは日本の過去を美化しすぎており、チェンバレンは学者として正確な日本像を描こうとしたのだと反論した。また、ハーン礼讃はナショナリズムの現われではないかとしてハーンの[[オリエンタリズム]]を批判する論者、あるいは「神々の国の首都」を書いたハーンが、明治期天皇制を日本古来のものと勘違いしたと指摘する者もいる(福間良明『辺境に写る日本』)。平川も『ラフカディオ・ハーン』(ミネルヴァ書房)で、ハーンの筆致に誇張があったことを認めているが、上記のごとく、一部([[左派|左派系]])文化人のハーンの「脱神話化」の試みにもかかわらず、現代の日本人の間での支持には確固としたものがある。[[三島由紀夫]]等も、[[川端康成]]との書簡のなかでしばしば、引用している
 
また、平川・太田と同じ研究室(東大大学院・比較文学比較文化)出身の[[小谷野敦]]は著書『東大駒場学派物語』において、近年のハーン肯定論者の多くが同研究室の関係者であることを指摘し、「比較におけるナショナリズムがハーン賛歌の根底にある」としている。
 
平川も『ラフカディオ・ハーン』(ミネルヴァ書房)で、ハーンの筆致に誇張があったことを認めているが、上記のごとく、一部([[左派|左派系]])文化人のハーンの「脱神話化」の試みにもかかわらず、現代の日本人の間での支持には確固としたものがある。[[三島由紀夫]]等も、[[川端康成]]との書簡のなかでしばしば、引用している。
 
== エピソード ==
22,494

回編集