「ポリアクリルアミドゲル電気泳動」の版間の差分

 
=== native PAGE ===
native PAGEは、ポリアクリルアミドゲル電気泳動(PAGE)の一種で、変性したタンパク質を還元してから泳動するSDS-PAGEと異なり、未変性のまま泳動するものをさす。タンパク質の[[等電点]]、分子量の他に、高次構造や複合体形成の影響で泳動が変化するため、目的のタンパク質のバンドがどこに出るか予測するのは難しい。塩基性のタンパク質は陰極側に泳動してしまうので注意を要する。変法にはBlue Native PAGE (BN-PAGE)があるが、これは[[クマシーブリリアントブルー]]色素を用いて、タンパク質を未変性のまま負に帯電させて泳動するもの。
 
=== 等電点電気泳動 ===
匿名利用者