「筆跡」の版間の差分

 
しかし、実際には、日本では表面的な文字の形で判断する筆跡鑑定人が多く、そのレベルは高いとはいえない。それは、文字に表れた個性を理解するための「筆跡と性格」、あるいは「筆跡と心理」の研究が不足しているためと言われている。
 
近年、テレビ番組で[[明智光秀]]と[[天海]]が同一人物か否かを筆跡で鑑定する内容のものが放送されたが、同一人物であるとするものと別人とするものが混在する結果となった。その背景には上記の筆跡鑑定のレベルの低さが影響していると考えられる。
 
[[人物]]の[[性格]]や[[心理]]を[[分析]]しようとする[[学問]]として[[筆跡学]]というものもあるが、未だ確立された学問は[[日本]]には存在せず、[[統一]]された[[理論]]や方法が今後望まれる。
匿名利用者