「日本電子材料」の版間の差分

基礎情報会社更新、調整
(基礎情報会社更新、調整)
{{基礎情報 会社|
|社名 = 日本電子材料株式会社 |
|社名 = JAPAN ELECTRONIC MATERIALS CORPORATION|
|ロゴ =
|種類 = [[株式会社]]|
|市場情報 = {{上場情報 | 東証1部 | 6855 | 1998年8月21日}}|
|略称 = JEM|
本社所在地 = [[兵庫県]][[尼崎市]]西長洲町2-5-13|
|国籍 =
設立 = [[1960年]][[4月6日]]|
|郵便番号 = 660-0805
業種 = 3650|
|本社所在地 = [[兵庫県]][[尼崎市]]西長洲町2-丁目5-13|
製品・サービス = 半導体検査用プローブカード製造他|
|電話番号 = 06-6482-2007
代表者 = 坂根英生|
|設立 = [[1960年]][[4月6日]]|
資本金 = 983,100千円 |
|業種 = 3650|
売上高 = 12,198百万円(単独)<br>14,276百万円(連結)<br>(2008年3月期)|
|統一金融機関コード =
従業員数 = 単独554名<br>連結1,268名|
|SWIFTコード =
株主 = (有)大久保興産 10.6%<br>ユービーオーシー・USA 5.5% 他|
製品・サービス|事業内容 = 半導体検査用プローブカード製造他|
決算期 = 3月31日|
|代表者 = 代表取締役社長 坂根英生|
外部リンク = http://www.jem-net.co.jp |
|資本金 = 9839億8,100千310万 |
|発行済株式総数 =
|売上高 = 12,198単独95億00百万円(単独)<br />14,276連結108億65百万円(連結)<br />(2008(2009年3月期)|
|営業利益 =
|純利益 =
|純資産 = 単独87億33百万円<br />連結99億89百万円<br />(2009年3月)
|総資産 = 単独158億73百万円<br />連結172億78百万円<br />(2009年3月)
|従業員数 = 単独554559名<br />連結1,268275|<br />(2008年9月)
|決算期 = 3月31日|
|主要株主 = (有)大久保興産 10.668%<br />ユービーオーシー・USA 56.513% 他|
|主要子会社 =
|関係する人物 =
|外部リンク = http://www.jem-net.co.jp |/
|特記事項 =
}}
 
 
== 沿革 ==
*[[1960年]] - 兵庫県尼崎市口田中字野上(現:兵庫県尼崎市御園1丁目)に日本電子材料株式会社を設立し、[[ブラウン管]]用カソード・[[暖房|ヒーター]]等の[[電子管]]部品の製造販売を開始。
*[[1962年]] - [[東京都]][[板橋区]]に東京営業所を新設(現:東京営業)。
*[[1965年]] - 蛍光文字表示用電子管を開発し、製造販売を開始。
*[[1970年]] - [[アメリカ合衆国|米国]]のRucker & Kolls([[ルッカー&コールス]])社と技術提携し、[[集積回路|IC]]・[[集積回路|LSI]]等の検査用部品[[プローブカード]]の製造販売を開始。
*[[1982年]] - [[静岡県]][[静岡市]]に静岡工場を新設し、プローブカードの製造を開始。
*[[1983年]] - 静岡県[[清水市]](現:静岡県静岡市[[清水区]])に東海ハイテック株式会社を設立。
*[[1985年]] - [[熊本県]][[菊池郡]]七城町(現:[[菊池市]]七城町)に熊本工場を新設し、プローブカードおよびブラウン管用ヒーターの製造販売を開始。
*[[1987年]] - 米国[[カリフォルニア州]][[フリーモント]]市にJEM AMERICA CORP.を設立。兵庫県尼崎市西長州本通3丁目(現:兵庫県尼崎市西長州町2丁目)に本社を移転し、旧本社工場の名称を尼崎工場に変更。
*[[1988年]] - [[香港]]九龍にJEM (HONG KONG) CO.,LTD.を設立し、[[中華人民共和国|中国]][[広東省]][[深市]]に深工場を新設し、ブラウン管用カソード・ヒーター等の電子管部品の製造販売を開始。
*[[1989年]] - JEM AMERICA CORP.の工場が操業しプローブカードの製造販売を開始。中国広東省深市内に深工場を移転し、新工場完成。
*[[1993年]] - 大型開口部なしプローブカードを開発し、製造販売を開始。[[台湾]][[新竹市]]にト雷氏科技股有限公司(現:JEM:JEM TAIWAN PROBE CORP.)を設立し、プローブカードの製造販売を開始。
*[[1994年]] - VCシリーズ(垂直接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。
*[[1995年]] - プローブ先端クリーニング装置([[ニードルドレッサー]]および[[クリーニングシート]])を開発し、製造販売を開始。
*[[1996年]] - 熊本工場に第2工場を増設。
*[[1997年]] - [[イギリス|英国]]にJEM EUROPE LTD.を設立。尼崎工場のプローブカード製造部門を移転し、兵庫県尼崎市西長州町2丁目に本社工場を新設。
*[[1998年]] - 熊本工場に第3工場を増設。 [[日本証券業協会]](現:[[ジャスダック証券取引所]])に[[株式]]を店頭登録。熊本工場が[[ISO 9000|ISO 9001]]の認証を取得。
*[[1999年]] - 東京営業を[[神奈川県]][[川崎市]]に移転。JEM TAIWAN PROBE CORP.を[[竹北市]]に移転。[[大韓民国|韓国]][[ソウル特別市]]に合弁会社同和JEM株式会社を設立。
*[[2000年]] - [[宮城県]][[仙台市]]に東北出張所を新設。
*[[2001年]] - VSシリーズ(垂直スプリング接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。VHシリーズ(高密度垂直接触型プローブカード)を開発し、製造販売を開始。
*[[2003年]] - 本社西館を増築。電子事業部(現:電子)を兵庫県尼崎市西長州町2丁目に移転。中国[[上海市]]に上海日智電子有限公司を設立する。VRシリーズ(垂直スプリング接触型プローブカード(チップサイズパッケージ用))を開発し、製造販売を開始。[[フランス|仏国]]にJEM EUROPE S.A.R.L.を設立。JEM AMERICA CORP.がISO 9001認証を取得。
*[[2004年]] - 本社地区、静岡工場、東京営業がISO 9001認証を取得。本社地区、熊本工場、静岡工場がISO 14001認証を取得。
*[[2005年]] - [[東京証券取引所]]市場第2部に株式を上場。ジャスダック証券取引所の上場を廃止。
*[[2006年]] - 東京証券取引所市場第1部に指定替え。
== 事業所 ==
*工場
**熊本工場 - 熊本県[[菊池市]]七城町蘇崎1396-5
**静岡工場 - 静岡県[[静岡市]][[駿河区]]国吉田2-2-11
*営業所
**東京営業所 - 神奈川県[[川崎市]][[川崎区]]東田町8パレール三井ビルディング16F
*出張所
**東北出張所 - 宮城県[[仙台市]][[青葉区 (仙台市)|青葉区]]中央4-7-17ベルザ仙台ビル11F
 
== 関連会社 ==
*JEM EUROPE S.A.R.L.
*上海日智電子有限公司
*同和JEM株式会社(合弁会社)
 
== 外部リンク ==
9,063

回編集