「超軽量ジェット機」の版間の差分

 
==開発==
多数の設計機種が現在開発中で近年実現した先進的かつ低価格の[[アビオニクス]]と[[グラスコクピット]]技術を備える。VLJは従来のジェット機より低コストで{{convert|3000|ft|m|0}}くらいの短い滑走路で運行できる。アメリカでは[[NASA]]と[[連邦航空局|FAA]]が開発を支援している。
 
[[小規模航空交通システム]]は航空路線の無い地域へも運行され、これらの"[[オンデマンド]]"エア・タクシーサービスは需要が伸びつつある。これまでの累計で3,000機以上のVLJが航空機製造メーカーに注されている。
 
小型機の代名詞とも言える[[セスナ|セスナ社]]では6座席のVLJである[[セスナ・サイテーション|セスナ・サイテーション・ムスタング]]を最初に出荷した<ref>{{cite news|url=http://www.avweb.com/avwebflash/12_47b/briefs/CessnaDelivers_Mustang_VLJ_193819-1.html|title=Cessna Beats Out Eclipse In First VLJ Delivery|last=Trautvetter|first=Chad|publisher=AVweb|date=[[2006年]]11月23日|accessdate=2006-11-29}}</ref>。セスナ社は500機以上のムスタングを受注した。多くはオーナーが運用する<ref>{{cite news | url=http://www.usatoday.com/travel/news/2006-01-19-little-jets_x.htm | title=Smaller, faster, cheaper new jets may transform flying | work=[[Associated Press]] | publisher=[[USA Today]] | date=[[2006年]]1月19日 | accessdate=2006-09-26}}</ref>。セスナ社は2006年11月9日にFAAの飛行認証を<ref>{{cite press release | title=Cessna Citation Mustang Cleared for Flight Into Known Icing Conditions | publisher=[[セスナ]] | url=http://www.cessna.com/news/article.chtml?ID=OkyZWtgijxh0LUYbsDyGikkPGeGJ5pvxB2bQ5dSrEokZusIQpN | date=[[2006年]]11月9日 | accessdate=2006-11-29 }}</ref>、同年11月23日にFAAの製造認証を取得した。
匿名利用者