「呉芮」の版間の差分

m (style)
高祖5年([[紀元前202年]])、漢王劉邦が項羽を滅ぼすと、楚王[[韓信]]、韓王[[韓王信|韓信]]、淮南王英布、梁王[[彭越]]、趙王張耳、燕王[[臧荼]]と共に劉邦に「[[皇帝]]」の尊号を奉った。同年、呉芮は劉邦により長沙王(異姓七王の一人)に立てられ、その年に死亡した。文王と[[諡]]された。また、高祖劉邦は後に呉芮の忠を褒め称え、律令に記させている。
 
長沙王は子の成王呉臣が継いだ。呉臣は在位中、反乱を起こし、すも敗れて逃げてきた英布を殺している。その後も長沙国は劉邦が「劉氏でなければ王としない」と盟約を結んだことの例外となり、哀王呉回、共王呉右、靖王呉差と継承され、長沙国は[[文帝 (漢)|文帝]]の後7年([[紀元前157年]])に呉差が後継ぎを残さず死亡するまで続いた。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者