「コウゾ」の版間の差分

m
→‎特徴: 木綿 (糸)から木綿 (ゆう)への改名にともなう修正
m (ロボットによる 追加: ko:닥나무)
m (→‎特徴: 木綿 (糸)から木綿 (ゆう)への改名にともなう修正)
「紙麻(かみそ)」と言う語の[[音便#バ・マ行|音便]]より「こうぞ(かうぞ)」という語が生まれたとする説も存在するほど、古くから和紙材料として知られており、今日でも和紙の主要原料の楮としている。楮の皮の繊維は、[[麻]]に次いで長く繊維が絡み合う性質が強く、その紙は粘りが強く揉んでも丈夫な紙となる。古くは、[[檀紙]]は真弓紙とされているが、平安後期以後の檀紙はダンシと読まれ、楮紙とされている。
 
楮の皮の繊維を蒸して水にさらし、細かく割いて作った糸を[[木綿 (ゆう)|木綿]](ゆう)と言う。同じ字の木綿(もめん。[[ワタ]]の繊維)とは別のものである。[[神道]]の祭事に用いられるが、後に紙で作られた[[紙垂]]も用いられるようになった。
 
コウゾの果実は集合果で、甘味があって食べられるが、花糸部分が残っており舌触りが悪いので、[[クワ]]の実のような果樹としての価値はない。
27,220

回編集