「大石良雄」の版間の差分

編集の要約なし
仇討ちを義挙とする世論の中で、幕閣は助命か死罪かで揺れたが、天下の法を曲げる事はできないとした[[荻生徂徠]]などの意見を容れ、将軍綱吉は陪臣としては異例の上使を遣わせた上での切腹を命じた。
 
元禄16年([[1703年]])2月4日、4大名家に切腹の命令がもたらされる。同日、幕府は吉良家当主[[吉良義周]](吉良左兵衛、吉良上野介の養子)の領地没収と[[信濃国|信州]][[流罪|配流]]の処分を決めた。細川邸に派遣された使者は、内蔵助と面識がある幕府[[目付]][[荒木羽|荒木十左衛門]]であった。内蔵助は細川家家臣[[安場一平|安場一平久幸]]の介錯で切腹した。[[享年]]45。亡骸は主君[[浅野内匠頭]]と同じ高輪[[泉岳寺]]に葬られた。法名は忠誠院刃空浄剣居士。
 
== 辞世の句 ==
匿名利用者