「国鉄170形蒸気機関車」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''170形'''は、かつて[[日本国有鉄道]]の前身である[[鉄道省|鉄道院]]に在籍した[[タンク式機関車|タンク式]][[蒸気機関車]]である。もとは、[[1903年]](明治36年)に、[[西成鉄道]]が[[汽車製造]]から購入したもので、[[1906年]](明治39年)に[[鉄道国有法]]による買収により国有鉄道籍を得たものである。
 
== 概要 ==
[[車軸配置]]2-4-0(1B)で2気筒単式の飽和式タンク機関車で、2両([[製造番号]]13,14)13, 14)が製造され、'''3'''(2代目),), '''1'''(3代目)と称した。当時、汽車製造は車軸配置2-4-2(1B1)のA10形(後の[[国鉄230形蒸気機関車|鉄道院230形]])を量産していたが、このような2-4-0形機関車が例外的に製造されている。これは、1900年に徳島鉄道の5を製造した直後に倒産した鉄道車輛製造所の仕掛かり品2両分を譲り受けて、完成させたものと推定されている。事実、車輪、シリンダ、軸距といった主要寸法は同一である。
 
本機は、[[1909年]](明治42年)に制定された鉄道院の車両形式称号規程により、'''170形'''('''170,171170, 171''')に[[改番]]された。鉄道院では、[[1916年]](大正5年)まで在籍し、[[廃車 (鉄道)|廃車]]後は170が[[秋田鉄道]](後の国鉄[[花輪線]]の一部)に譲渡されて、「'''4・2'''」に改番。171が[[白棚鉄道]](後の国鉄[[白棚線]])に譲渡され、「'''2'''」と改番された。
 
[[1934年]](昭和9年)6月に秋田鉄道は[[鉄道敷設法|国有化]]され、「4・2」は国有鉄道籍に復したが、どういうわけか原番号には戻らず、新形式の'''115形'''('''115''')とされたが、[[1937年]](昭和12年)4月には[[梅鉢鉄工所]]に譲渡され、1950年代まで使用された。
 
== 主要諸元 ==
*全長:8636mm:8,636mm
*全高:3658mm:3,658mm
*[[軌間]]:1067mm:1,067mm
*[[車軸配置]]:2-4-0(1B)
*動輪直径:1372mm:1,372mm
*[[弁装置]]:[[ジョイ式弁装置|ジョイ式]]基本型
*シリンダー(直径×行程):330mm×508mm
116,676

回編集