「阪急コミュニケーションズ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''株式会社阪急コミュニケーションズ'''(はんきゅうコミュニケーションズ)は、[[阪急阪神東宝グループ]]に属する日本の出版事業者である。[[阪急阪神ホールディングス]]の[[連結子会社]]である(同社子会社の[[阪急電鉄]]が100%出資している)。
 
元々は[[大阪市]]で阪急電鉄創遊事業本部コミュニケーション事業部として阪急電鉄沿線の観光ガイドブック本・グルメ本[[宝塚歌劇団]]の機関雑誌「[[歌劇]]」宝塚GRAPH宝塚おとめ、演劇専門紙レプリーク、阪急電車関係の書籍・絵本等を発行していたが、2003年7月に「[[ニューズウィーク]]日本版「[[フィガロ]] ジャポンPenなどを発行していた'''TBSブリタニカ'''<ref>[[東京都]][[目黒区]]。社名が表すとおり、[[1969年]]設立当初は[[東京放送ホールディングス|TBS(東京放送、現:東京放送ホールディングス〔TBSHD〕)]]、[[ブリタニカ事業(百科事典|エンサイクロペディア・ブリタニカ社]]、[[凸版印刷]]3社の合弁会社であった。その後持ち株の大部分を[[サントリー|サントリー(現:サントリー酒類除く]]に譲渡していた。</ref>の事業と阪急電鉄創遊事業本部コミュニケーション事業部の事業を統合し現在の会社に移行て発足した。本社はTBSブリタニカ時代から継承して目黒区に置き、大阪市北区の阪急電鉄本社ビル内(TOKKの編集部門・広告部門と宝塚歌劇関連雑誌の広告部門)[[宝塚市]]の宝塚大劇場内(宝塚歌劇関連書籍・雑誌の編集部門)にも事務所を構えている。
 
現在は上記の雑誌の他書籍・デジタル事業・[[フリーペーパー]]事業([[TOKK]]など)を手がけている。
匿名利用者