「幼稚園教員」の版間の差分

編集の要約なし
'''幼稚園教員'''(ようちえんきょういん)は、[[学校教育法]]に基づく[[幼稚園]]における[[教員]]である。幼稚園に置かれる職員のうち、おおむね、[[副園長]]、[[教頭]]、[[主幹教諭]]、[[指導教諭]]、[[教諭]]、[[助教諭]]、[[講講師 (教育)|師]]、[[養護教諭]]、[[養護助教諭]]、[[栄養教諭]]などの職員が該当する。([[教員の職階]]なども参照のこと。)
 
このうち、「副園長」「養護をつかさどる主幹教諭」「栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭」「養護教諭」「養護助教諭」「栄養教諭」でない者は、「幼稚園の教員の免許状」を有していなければならない。
 
なお、保育士は別の職業である(→ [[保育士|保育士項目]]を参照)。
 
== 概要 ==
主に[[幼稚園]]において園児の教育・保育をつかさどる(学校教育法 旧・第81条第4項など)。
 
園児の発育において、園児の教育のほか、園内の安全、園児の健康面での管理園児保護のための不審者対策などの管理も重要な仕事となっている。幼稚園教諭普通免許状(専修、一種、二種)を有していなければならない。
 
=== 全国の幼稚園教員の数 ===
 
== 幼稚園教諭免許状を取得する方法 ==
* 基本的には、幼稚園教諭免許状取得の出来る教職課程がある[[大学]]や[[短期大学]]等で必要単位を修得し卒業する。
** 基本的には、幼稚園教諭免許状の取得課程がある養成機関で必要単位数をクリアーして取得することになるが、それ以外の養成機関課程の無い学校を卒業した人については、卒業時に授与された[[学]]を基礎資格としてその、免許状取得に必要な最小限の単位数だけ修得する方法もある。すなわち例えば、短期大学の工科系卒業といった幼稚園教諭養成課程とは全く関係のない人でも、高校卒業よりも比較的少ない単位で二種免許の取得ができるというものである。現在では、[[玉川大学]]・[[明星大学]]・[[創価大学]]・[[佛教大学]]・[[大阪芸術大学短期大学部]]の各[[通信教育部]]で学歴を基礎資格に免許状取得に必要な単位数だけをとるという課程がある。創価大学については、大学中退者であっても2年以上の在学で[[卒業所要単位]]として62単位以上修得していれば二種免許状取得課程([[免許]]コース)に入学して取得していく方法もある。
* [[保育士]]として3年以上の正規職員としての実務経験がある場合は、[[教員資格認定試験]]により二種免許の取得が可能である。
* 隣接校種([[小学校]])普通免許状を授与されている教員経験者[[教育職員検定]]により取得する方法もある。
 
== 普通免許状の種類 ==
* 普通免許状の基礎資格
* 専修免許状=[[大学院]][[修士課程]]修了以上の学歴を有する者([[修士]]の[[学位]]を有する者)。
** 一種専修免許状=日本の'''[[学校教育法修士]]に基づく[[大学]][[卒業]]以上'''の[[学]]を有する者([[学士]]の学位を有する者)。
** 種免許状=日本の[[学校教育法]]に基づく[[短期大学]][[卒業]]以上の学歴を有する者([[準学士]]・'''[[短期大学士]]'''の学位を有する者も含む)。
** 二種免許状='''[[短期大学士]]'''の学位を有する者
: ただし、学位は教育職員免許法第5条第1項「別表第1」適用時。教育職員検定等による取得では上記学位の規定が無い場合もある
 
== 補足 ==
* [[教育職員免許法]]
* [[教職課程]]
* [[保育所]] - [[保育士]]([[厚生労働省]]所管)
 
{{DEFAULTSORT:ようちえんきようゆ}}
匿名利用者